にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売】朝の板の解説vol.6 (2334)イオレ

立会外分売の朝の板解説vol.6です。

立会外分売 朝の板の解説vol.6 (2334)イオレ

今回は2020年10月20日に分売が実施された(2334)イオレの解説です!

今回はハイボラティリティ・・・!


立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

①8:19の板

今回の案件は

分売枚数1140枚

前日終値1998円

分売価格1938円  でした。

 

なお、出勤の都合でパソコンから開けなかったので今回は買いや売りの「件数」は表示されていません。

 

8時19分の板を確認していきましょう。

イオレ0859

青い枠で囲まれた「成売注文」は累計107枚。

赤い枠で囲まれた「成買注文」は累計411枚。

 

黄色の枠が分売価格の1938円で、40枚の指値買いがあります。

 

1938円というポイントでの売り累計は120枚、買い累計は594枚なので差し引き474枚の買いが優勢。

 

分売枚数が1140枚なので、474÷1140=41.5%は悪くないですね。

元々流動性はあったためこの辺は大丈夫です。

 

今回は分売前日までの大暴落具合が最大の懸念材料でしたので・・・。

 

緑の枠で囲んだ1948円の位置には買い指値はが35枚。

見せ板じゃなければ良い感じです。

②8:34の板

今回は少し多めにスクショを撮っています。

それだけ注目案件でしたので。笑

イオレ0834

全ての証券会社で申込を締め切った8:34の時点です。

売りも買いも少しずつ増えていますね。

 

1938円のポイントでの売り累計は143枚、買い累計は659枚。

差し引き516枚の買いが優勢です。

 

まだ分売の結果が出ていないので売りはこれから出てきますが、分売の1140枚が全て寄りで売られるわけではないので行けそうかな?と感じていました。

 

 

 

③8:54

さあ、分売組の売りが出始める8:54です!

イオレ0854

成売が423枚、成買が477枚。

成売が283枚増えていますが、何ら不思議ではないですね。

むしろまだまだ出てくると予想されます。

 

1938円のポイントでは買いが291枚優勢です。

この時点で買い指値が減っているわけではないので、このまま行って欲しいなと思っていました。

今回当選しませんでしたが(´;ω;`)ウゥゥ

④8:59

決着直前の8:59:50付近!

イオレ0859

成売が594枚、成買が492枚。

ついに売りの方が多くなりましたが、板は悲惨な状態にはなっていません。

 

最初からあった1948円の位置での指値もちゃんとした買いでしたね。

この時点では緑の枠の1949円で寄りそうでしたが、9:00直前に買いが増えて1958円が始値となりました。

 

当選した人はすぐに売れば2000円の利益です。

皆さんご存知のようにこの日は乱高下し、一時2200円をつけるまでに。

高値で売れば26200円もの利益でしたが、そんな上手くはいきませんよね。

まとめ

全体として、立会外分売の案件としては寄りで売るのが最適解だったかと思います。

なんなら不参加も正解と言っても良いでしょう。

 

立会外分売はローリスクで数千円の利益を狙うのが目的なので、今回のようなハイボラティリティ案件に無理に突っ込む必要はありません。

 

また次回の記事をご覧頂ければ嬉しいです!

 

この1つ前に配信した「朝の板解説記事」はコチラ

▷▷▷【立会外分売】朝の板の解説vol.5 (7466)SPK

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング