にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売分析】9066 日新

立会外分売分析 9066 日新

立会外分売分析(9066)日新
立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

 

株価調整 4

分売枚数 4

申込上限 1

割引率 3

前日出来高 5

最終評価 ★★★★☆


【 市場 】   東証1部

【 信用区分 】 貸借

【 目的 】 株式の流動性の向上

 

【 分売枚数 】 1523枚

【 申込上限 】 50枚

 

【 分売発表日 】 2020年12月10日(木)

【 分売予定日 】 2020年12月17日(木)~12月22日(火)

 

【 分売発表日 終値 】   1260円

【 分売実施日前日 終値 】 1198円

 

【 分売発表日 出来高 】      402枚(40,200株)

【 分売実施日前日 出来高 】  1186枚(118,600株)

 

【 配当金、株主優待 】

 56円

優待なし

 

【 割引率 】   2.42%

【 分売価格 】  1169円

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2020年12月12日(土)6:00配信 

◎東証1部の貸借銘柄

△分売枚数に対する流動性は足りないが、改善は見込める

〇分売発表日の終値が既に安値圏

 

東証1部の貸借銘柄なので案件としては上々です。

 

分売枚数1523枚に対して、直近1ヶ月の平均出来高は400枚を超えるぐらい。

なお、11月30日の出来高は3855枚と突出していますが平均の計算からは除いています。

 

元々の流動性も悪いわけではなく、貸借銘柄でもあるので流動性については問題ないと思われます。

 

分売発表日の終値が1260円ですが、既にここ最近の安値圏に踏み入れています。

 

分売発表翌日は終値が1234円。

分売発表日と比べて株価が26円下落し、下落率は2.06%に。

出来高は644枚でした。

 

僕は1210円付近まで落ちて来ると思い、1206円に指値を入れていましたが想像以上に耐えました。

 

この強さが続くのであれば分売価格が1200円を切るとかなり熱いですね。

ちなみに最近の安値は1192円ですが、その前は3月13日の1163円までさかのぼります。

やはり1200円が意識されるラインになると思われます。

 

このままジワジワ調整しつつ出来高が増えていくと理想的ですね。

事前評価としては★★★☆☆になります!

 

2020年12月16日(水)19:30最終分析

◯株価は調整し1100円台に

◯流動性も問題ないレベルに改善

◎分売価格がかなりの低水準

 

分売前日までにしっかり調整し、終値は1198円でした。

節目の1200円を切ったのは良いですね。

 

貸借銘柄ということもあり、流動性は問題ないレベルまで改善しています。

需給面での心配は無くなりました。

 

そして一番の目玉が分売価格。

分売価格の1169円は3月13日以来の超安値になりました。

反発の期待大です。

 

株価が調整していて流動性も改善。

その上、分売価格の水準もかなり良いという案件になりました。

 

最終評価は一つ繰り上げで★★★★☆とします!

分売結果

前日終値 1198円

分売枚数 1523枚

割引率  2.42%

分売価格 1169円

 

始値   1200円

高値   1258円

安値   1199円

終値   1257円

出来高   2682枚

 

記事での評価通り、かなり美味しい結果となりました!

寄りで売れば3100円の利益に。

 

需給もかなりよく、終始安定した値動きでしたね。

そして後場からは一段高となり、高値引けとなりました。

 

板や買いの勢いを見つつ、利益を伸ばせるようにしていきたいです。

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング