にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売分析】8999 グランディハウス

立会外分売分析 8999 グランディハウス

立会外分売分析(8999)グランディハウス
立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

 

ペンタゴンチャートの見方の基準についてはコチラ

株価調整 3

分売枚数 2

申込上限 3

割引率 40

前日出来高 4

最終評価 ★★★☆☆


【 市場 】

東証1部

【 信用区分 】

貸借

【 目的 】

株式の流動性の向上

 

【 分売枚数 】

9500枚

【 申込上限 】

10枚

 

【 分売発表日 】

2021年8月10日(火)

【 分売予定日 】

2021年8月18日(水)~8月20日(金)

 

【 分売発表日 終値 】

498円

【 分売実施日前日 終値 】

460[円

 

【 分売発表日 出来高 】

2531枚(253,100株)

【 分売実施日前日 出来高 】

5003枚(500,3[00株)

 

【 配当金、株主優待 】

 24円

優待なし

 

【 割引率 】

2.83%

【 分売価格 】

447円

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2021年8月10日(火)23:00配信 

〇今期経常利益を25%上方修正、4円増配

〇分売枚数は多いが流動性の改善が見込める

△株価が高値圏にあるので、落ち着きが必要

 

8月に発表した決算(1Q)では今期の経常利益を24億円⇒30億円と25%の上方修正。

それに加え20円⇒24円と4円の増配を発表しました。

 

これを受けて決算翌日は大暴騰。

出来高は100万を超え、年初来高値となる524円をマークしました。

しかし、この日は大きな上ヒゲに。

 

分売枚数は95万株と膨大ですが、貸借銘柄なので改善は十分に見込めます。

 

また、決算や増配によって株価が高値圏にあるので、分売発表を機に調整が望まれます。

決算発表前の高値である450円付近までは来て欲しいところ。

 

事前評価は★★★☆☆です。

2021年8月17日(火)17:00最終分析 

◎流動性がしっかり改善

○分売価格の水準も良い

☆スイングも望めそう

 

低位株の貸借銘柄だけあって、流動性は劇的に改善しました。

前日に5000枚を超えているので、当日はなかなかに安心できます。

 

また、分売価格が447円ということで急騰前の450円ラインを下回りました。

分売価格での利回りが5.3%もあるため、少し引っ張っても面白そうですね。

 

最終評価は据え置きですが、堅い案件の予感。

分売結果

前日終値  460円

前日出来高 5003枚

分売価格  447円

当日出来高 10115枚

 

始値    465円

高値    465円

安値    457円

終値    458円

 

買い需要が強く、終始分売価格を上回りました。

そして出来高は10000枚を超え、分売枚数の9500枚も超えました。

 

株価460円の位置でも配当利回りが5.2%もあるため、少しずつ上昇していくかも知れません。

上々の案件でした!

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング