にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売分析】8065 佐藤商事

立会外分売分析 8065 佐藤商事

立会外分売分析(8065)佐藤商事
立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

           ★★☆☆☆

f:id:nissi_tousi:20201217172530j:plain

ペンタゴンチャートの見方の基準についてはコチラ
【 市場 】   東証1部

【 信用区分 】 信用

【 目的 】 株式の流動性の向上

 

【 分売枚数 】 2800枚

【 申込上限 】 3枚

 

【 分売発表日 】 2020年12月10日(木)

【 分売予定日 】 2020年12月18日(金)~12月24日(木)

 

【 分売発表日 終値 】   1007円

【 分売実施日前日 終値 】  929円

 

【 分売発表日 出来高 】         14枚(1,400株)

【 分売実施日前日 出来高 】       674枚(67,400株)

 

【 配当金、株主優待 】

 43円

優待なし 

 

【 割引率 】     2.58%

【 分売価格 】     905円

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2020年12月13日(日)6:00配信 

×流動性が低く、分売枚数を考えると厳しい状態

〇株価帯としては参加がしやすい

△板が薄い

〇分売価格が900円付近まで来れば反発に期待

 

今回の分売枚数は2800枚ですが、日々の出来高は100枚ほどです。

分売発表翌日の出来高は395枚で少し改善していますが、信用銘柄のため劇的な改善は難しそうです。

 

1000円前後の株価で推移しているため、参加はしやすくリスクも限られます。

やはり3000円以上の値がさ株の分売は需給の崩れが発生しやすいので。

 

9月以降の株価に注目してみると、900円を底値に1097円まで上がる場面も。

安心できる反発ラインは900円と考えられます。

 

チャートとしては950円以上で推移している期間が長いため、分売価格が950円を下回れば参加を検討しても良さそうです。

 

とはいえ、出来高が1000枚を超えてこないと需給面での懸念は強まります。

IPOラッシュど真ん中の分売のため、注目としてはかなり薄まりそうですがどこまで存在感を出せるか。

 

板も心許ないので、改善していくのか見守っていきます。

事前評価としては★★☆☆☆になります!

2020年12月17日(木)17:30配信予定 

〇株価は大きく調整

△流動性が厳しい

×買い板が薄い

〇直近で見てみると分売価格の水準は良い

 

分売発表日の終値は1007円のところ、前日は929円まで売り込まれました。

 

ただ、流動性はあまり改善せず。

分売枚数2800枚に対して前日出来高が674枚というのは心配になりますね。

 

加えて、買い板が薄いため分売当日の寄付が懸念されます。

1500枚程度の売りが来ただけで崩壊する危険性もありますが、節目の900円で耐えて欲しいところ。

 

分売価格が905円になりましたが、これは11月2日以来の安値圏。

直近3ヶ月辺りでの安値圏なのは間違いないですが、春先には700円台で推移していたので900円が物凄く良い訳でもありません。

 

株価に注目すると何とかなりそうですが、やはり流動性の悪さと板の薄さは気になります。

朝の板を見て最終判断が必要な案件。

 

最終評価は★★☆☆☆です!

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング