にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売分析】7810 クロスフォー

立会外分売分析 7810 クロスフォー

立会外分売分析(7810)クロスフォー
立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

 

株価調整 5

分売枚数 2

申込上限 1

割引率 5

前日出来高 3

最終評価 ★★☆☆☆


【 市場 】   東証JASDAQ

【 信用区分 】 貸借

【 目的 】 株式の流動性の向上

 

【 分売枚数 】 7800枚

【 申込上限 】 100枚

 

【 分売発表日 】 2020年12月15日(火)

【 分売予定日 】 2020年12月23日(水)~12月25日(金)

 

【 分売発表日 終値 】   282円

【 分売実施日前日 終値 】 230円

 

【 分売発表日 出来高 】        376枚(37,600株)

【 分売実施日前日 出来高 】       2966枚(296,600株)

 

【 配当金、株主優待 】

 0.3円

自社製品4500円相当

 

【 割引率 】   3.04%

【 分売価格 】   223円

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2020年12月18日(木)6:00配信 

△分売枚数が多い

×流動性が不足している

〇貸借銘柄である

×分売と同時に発表したQ1の決算は赤字転落

 

今回は分売枚数が7800枚と大規模です。

それに対し日々の出来高は100枚を切る日も珍しくはなく、流動性は低いと言えます。

貸借銘柄であるため流動性の改善は見込めますが、それでも今のところは厳しい印象です。

 

ちなみに、分売発表翌日の出来高は2167枚と改善が見られました。

 

そして、分売と同時に発表したQ1(8~10月)の決算は5700万円の赤字に(前年同期は4500万円の黒字)

 

よって、分売による需給悪化の懸念と、業績悪化による懸念の2つが同時に押し寄せています。

 

17日の終値は252円と調整が進んでいますが、流動性はまだまだです。

最低でも3000枚前後までは改善を見せて欲しいところ。

 

事前評価は★☆☆☆☆となります! 

 

2020年12月22日(火)19:30最終分析

◯株価は大幅調整
△流動性は許容ラインギリギリレベル
◯割引率3%超え
◎分売価格が史上最安値

分売発表日の終値(282円)から前日終値は230円と大きく調整しました。
割合でいうと18%を超える調整です。

最大の懸念材料だった流動性は約3000枚まで改善。
分売枚数が7800枚と多いので、ギリギリ耐えられるかどうかという水準です。

ここまでの調整にも関わらず割引率が3%なのは評価できます。

結果的に、分売価格の223円は2020年3月の最安値を更新して史上最安値となりました。
この価格を割り込むと奈落の果てに・・・。

一定の反発は期待できるため、最終評価は一つ繰り上げの★★☆☆とします!

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング