にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売分析】7800 アミファ

立会外分売分析 7800 アミファ

立会外分売分析(7800)アミファ
立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

               ★☆☆☆☆

f:id:nissi_tousi:20201128102250j:plain

ペンタゴンチャートの見方の基準についてはコチラ
【 市場 】   東証JASDAQ

【 信用区分 】 信用

【 目的 】 株式の流動性の向上

 

【 分売枚数 】 1600枚

【 申込上限 】 50枚

 

【 分売発表日 】 2020年11月13日(金)

【 分売予定日 】 2020年11月30日(月)

 

【 分売発表日 終値 】  730円

【 分売実施日前日 終値 】698円

 

【 分売発表日 出来高 】        66枚(6,600株)

【 分売実施日前日 出来高 】      841枚(84,100株)

 

【 配当金、株主優待 】

 19円

クオカード1000円分(9月末)

 

【 割引率 】       1.00%

【 分売価格 】      691円

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2020年11月28日(土)10:00最終分析 

〇分売前日に株価はしっかり調整

△流動性が前日に改善したが物足りず

×割引率1%

△分売価格の水準がイマイチ

 

株主優待を導入した影響か、分売発表から高騰していた株価は前日に大きく調整。

-35円(-4.77%)下落しました。

 

分売枚数1600枚のところ、なかなか改善していなかった流動性は前日に841枚となり、なんとか改善。

しかし、直近の出来高の推移を踏まえると十分安心できるほどではありません。

 

そして何と言っても最大の焦点は割引率。

立会外分売の目玉と言っても過言ではありませんが、1%ぽっきり。

僕は2019年8月から立会外分売に携わっていますが、1.85%とか1.98%辺りは薄っすら記憶にあります。

 

ただ、1%というのは見聞きしたことがありません。それぐらい激渋の割引率です。

株価帯が低いこともあり、割引される株価はたったの7円。

 

先日分売が実施されたシンニッタン(株価180円)ですら6円の値引きがあったのに・・・。

 

結果的に、分売価格の691円はさほど旨味のない位置となりました。

ただ、節目となる700円を目指して浮上する見込みもあります。

そして、人気がなく売れ残りが発生すれば売り圧力が軽減されるため、ワンチャンの可能性も。

 

1600枚全てが放出されれば上値が重たいと予想され、全体として堅い案件ではないので最終分析としては★☆☆☆☆となります!

 

2020年11月16日(月)12:00配信 

〇株価帯は参加しやすい

△分売枚数に対する流動性が低いため改善が必須

×申込上限が50枚と多いため、上値は重くなりそう

 

アミファの株価は700円台で推移しており、分売価格は600円台も有り得るため参加はしやすいです。

参加がしやすいということは、当日のセカンダリー買いもある程度期待できます。

 

ただ、分売枚数1600枚に対する流動性は懸念材料に。

1日の出来高が100枚に届かない日が多く、50枚以下の日も散見されます。

 

加えて、申込上限が50枚ということもあり分売当日はまとまった売りが出やすい状況にあります。

立会外分売は何よりも当日の寄り付きが勝負なので、流動性がしっかり改善されないと厳しいと思います。

 

他に堅い案件がある中で、無理に参戦する必要はないです。

流動性が改善されれば一考の余地ありですが、事前評価としては★☆☆☆☆となります。 

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング