にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売分析】7466 SPK②

立会外分売分析 7466 SPK②

立会外分売分析(7466)SPK②
立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

 

ペンタゴンチャートの見方の基準についてはコチラ

株価調整 1

分売枚数 3

申込上限 3

割引率 4

前日出来高 5

最終評価 


【 市場 】   東証1部

【 信用区分 】 信用

【 目的 】 株式の流動性の向上

 

【 分売枚数 】 2639枚

【 申込上限 】 20枚

 

【 分売発表日 】 2020年11月24日(火)

【 分売予定日 】 2020年12月2日(水)~12月4日(金)

 

【 分売発表日 終値 】

1254円

※24日の13:00に分売を発表しており、その直前の株価は1310円

【 分売実施日前日 終値 】  

1248円

 

【 分売発表日 出来高 】      1186枚(118,600株)

【 分売実施日前日 出来高 】  2213枚(221,300株)

 

【 配当金、株主優待 】

 37円

優待なし

 

【 割引率 】   2.96%

【 分売価格 】  1211円

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2020年12月1日(火)19:30配信

✕前日の後場に買いが入り、株価は調整せず

◯流動性は十分に改善

◯割引率も良し

△分売価格はもう一押し欲しかったところ


前日の前場まではいい感じに調整していましたが、後場に大きな買いが登場。

一時1303円まで高騰しましたが、さすがに勢い続かず前日比±0に。


2600枚ほどの分売で、前日に株価が調整しないのは頂けません。


しかし、流動性は十分に改善しているためそこは問題なしです。

割引率も頷けるレベルの約3%。


分売価格は1200円を切って欲しいところでしたが、直近安値の1204円を上回る1211円となりました。


前日終値は予想より高い位置ではありますが、流動性と割引率によって参加自体は問題ないかと思います。


最終評価は据え置きの★★★☆☆とします!

 

2020年11月29日(日)6:00配信 

△分売枚数に対する流動性は低い

〇1ヶ月半前に実施された分売の結果は良かった

〇株価が調整して分売価格が1187円付近になれば熱い

 

SPKは1ヶ月半前の10月14日(水)にも分売を実施しています。

▷▷▷【立会外分売分析】7466 SPK

 

前回も流動性が低かったものの、分売価格1187円に対して実施当日の始値は1223円で36円の利幅に。

 

前回は分売枚数4500枚でこの結果のため、今回の2639枚では更なる好結果に期待が高まります。

しかし、流動性は改善するに越したことはないので注視していきましょう。

 

分売発表は11月24日の13:00で、終値は1254円でした。

その直前までは1310円でしたが、分売発表と同時に1231円まで一気に暴落。

大抵が大引け後に発表するのに、ザラ場中に発表する意図は何なんでしょうね・・・。

 

ひとまず調整が進んで1200円に近づいて欲しいところ。

前回の分売価格1187円に近づけば近づくほど期待値は高いと思われます。

前回よりも1800枚以上分売枚数が少ないので、売り圧力も軽減されると予想されますしね。

 

事前分析の時点での評価は★★★☆☆となります!

1220円まで調整&割引率3%だと理想的。 

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング