にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売分析】7425 初穂商事②

立会外分売分析 7425 初穂商事②

立会外分売分析(7425)初穂商事②

立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

★★☆☆☆

f:id:nissi_tousi:20210907161854j:plain

ペンタゴンチャートの見方の基準についてはコチラ

【 市場 】

東証JASDAQ

【 信用区分 】

信用

【 目的 】

株式の流動性の向上

 

【 分売枚数 】

310枚

【 申込上限 】

1枚

 

【 分売発表日 】

2021年9月1日(水)

【 分売予定日 】

2021年9月8日(水)~9月13日(月)

 

【 分売発表日 終値 】

1575円

【 分売実施日前日 終値 】

1566円

 

【 分売発表日 出来高 】

35枚(3,500株)

【 分売実施日前日 出来高 】

67枚(6,700株)

 

【 配当金、株主優待 】

65円

優待なし

 

【 割引率 】

3.00%

【 分売価格 】

1519円

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2021年9月2日(木)23:30配信 

〇前回よりも分売枚数が少ない

〇前回よりも株価が低い

△流動性は今一つ

 

初穂商事は今年の5月にも分売を行っています。

▷▷▷【立会外分売分析】7425 初穂商事

 

前回は400枚の分売、そして分売価格は1600円でした。

今回は310枚の分売、分売発表日の終値が1575円ということで前回よりも条件が良くなっています。

分売価格の1400円台も視野に入りますね。

 

ただ、流動性は相変わらず低めで分売発表日の出来高は35枚。

前回は前日出来高が54枚でなんとかなったので、今回も行けるかどうか。

 

事前評価としては、前回の結果を踏まえ★★☆☆☆とします。

流動性の改善具合がカギになるでしょう。

2021年9月7日(火)16:30最終分析 

△株価の調整が進まず

△流動性もイマイチ

〇割引率は良い

 

分売発表から株価の調整は9円ぽっち。

前日出来高は67枚とこちらもイマイチ。

 

しかし、割引率は3%あるお陰で分売価格の1519円は年初来安値を下回っています。

何だかんだ言っても、今回は前回よりも「分売価格が下」「分売枚数が少ない」「前日出来高が多い」という三拍子が揃っているため利益は望めると思います。

 

最終評価は★★☆☆☆で据え置きですが、売りが寄付に集中し過ぎなければ乗り越えられると予想しました。

分売結果

前日終値  1566円

前日出来高 67枚

分売価格  1519円

当日出来高 317枚

 

始値    1567円

高値    1583円

安値    1567円

終値    1570円

 

前回(2021年5月)よりも各種項目の条件が良かったため、予想に反して好結果となりました。

高値で売れれば6000円の利益は大きいですね。

 

結果的に寄り底でしたが、あまりセカンダリーとしては旨味が少ない分売でした。

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング