にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売分析】7228 デイトナ

立会外分売分析 7228 デイトナ

立会外分売分析(7228)デイトナ
立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

 

ペンタゴンチャートの見方の基準についてはコチラ

※仕事の都合で文字表記(5段階評価)

株価調整    3

分売枚数 4

申込上限 1

割引率  4

前日出来高 1

 

総合評価★★☆☆☆


【 市場 】   JASDAQ

【 信用区分 】 信用

【 目的 】 株式の流動性の向上

 

【 分売枚数 】 1800枚

【 申込上限 】 60枚

 

【 分売発表日 】 2020年8月19日(水)

【 分売予定日 】 2020年8月26日(水)~9月1日(火)

 

【 分売発表日 終値 】  1481円

【 分売実施日前日 終値 】1329円

 

【 分売発表日 出来高 】      6枚(600株)

【 分売実施日前日 出来高 】   271枚(27,100株)

 

【 配当金、株主優待 】

 24円

優待ポイント500ポイント(100株の場合)(12月末権利日)

 

【 割引率 】 2.93

【 分売価格 】1290円

 

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2020年8月25日(火)21:50最終分析

〇株価はやや調整

△流動性は改善傾向にあるが、分売枚数1800枚は重たい

〇割引率はほぼ3%

◎分売価格1290円は6月以降の最安値

 

株価はそこそこ調整していて悪くありません。

 

流動性も改善はしていますが、分売発表日が6枚という衝撃の枚数だったため、まだまだ足りませんね。

 

割引率も許容できるレベル。

 

分売価格の1290円自体は6月以降の最安値のため、反発が望めそうです。

 

しかし最大の懸念材料はやはり流動性。

 

分売価格が安かろうが、買い手がいなければ利益にはなりません。

 

朝の板の確認は必須ですが、まだ一縷の望みはあると思ってます。

 

成買が少なければ見送りでOKでしょう。

 

2020年8月24日(月)9:30配信 

×分売枚数1800枚に対する流動性が悪い

×申込上限60枚も押し売り感が強い

〇8月に入ってから株価がジャンプしたが、調整中

△過去の結果は思わしくない

 

分売枚数に対する流動性が悪い案件です。

 

分売発表日の出来高はわずか6枚。

 

発表後は改善してきていますが、まだまだ不十分です。

 

チャートとしては、分売価格が1300円付近になれば参戦しても良さげなラインだと見えます。

 

事前配信の段階では★☆☆☆☆の評価となります。 

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング