にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売分析】7083 AHCグループ

立会外分売分析 7083 AHCグループ

立会外分売分析(7083)AHCグループ
立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

株価調整 3

分売枚数 5

申込上限 3

割引率 4

前日出来高 2

最終評価 ★★☆☆☆


【 市場 】

東証マザーズ

【 信用区分 】

信用

【 目的 】

株式の流動性の向上

 

【 分売枚数 】

800枚

【 申込上限 】

10枚

 

【 分売発表日 】

2021年1月14日(木)

【 分売予定日 】

2021年1月22日(金)~1月26日(火)

 

【 分売発表日 終値 】

1576円

【 分売実施日前日 終値 】

1410円

 

【 分売発表日 出来高 】

37枚(3,700株)

【 分売実施日前日 出来高 】

206枚(20,600株)

 

【 配当金、株主優待 】

無配

優待なし

 

【 割引率 】

2.98%

【 分売価格 】

1368円

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2021年1月17日(日)6:00配信 

✕流動性に乏しい

△板も薄い

〇今期の連結経常利益は前期比3%増の見込み

〇株価の調整は見込める

 

今回の分売枚数は800枚ということで、絶対的な枚数で見れば少ない案件となります。

しかし、日々の流動性は乏しい状態です。

直近1ヶ月間で出来高が50枚を超えたのは6日間しかありません。

 

加えて板も薄く、買いの勢いがありません。

分売当日の寄付に不安が残ります。

 

今期の経常利益は前期比3%増を見込んでいるため、分売において業績を心配する必要は無さそうです。

 

分売発表日に「株価の調整は期待できそう」と思っていましたが、やはり翌日は大きく調整し株価は1380円に。

前日終値が1576円なので12%を超える調整となりました。

一時は1311円まで下落しましたが、さすがに少し反発しています。

 

また、出来高は急増して446枚でしたがこの水準が続くのは少し難しいかなと感じています。

ひとまずは200枚前後をキープして欲しいところです。

 

以上を踏まえ、事前分析時点での目標分売価格は1300円とします。

最後に1200円台が見えたのは8月13日なので約5ヶ月前。

1300円付近では買い手が入ってくると予想します。

 

分売実施の金曜まで4営業日あるので、株価と出来高の推移をチェックしていきます! 

事前評価は★★☆☆☆です。

 

2021年1月21日(木)21:30最終分析

△株価の調整が渋った

✕流動性が不足している

◯分売価格の水準は良い

 

分売発表翌日は一時1311円まで下落しましたが、分売前日の終値は1410円。

 

発表日の終値が1576円なので調整してはいますが、調整がやや下げ止まった感があります。

 

そして注目していた流動性は安心できる水準までは改善せず。

分売枚数800枚に対して前日出来高206枚は不安が残ります。

 

割引率が約3%ということで分売価格は1368円となり、これは9月24日以来の安値。

水準としては悪くありません。

 

しかし、流動性の懸念は払拭できないため当日の寄付にリスクが伴います。

最終評価を1段階下げるほどではありませんが、あまり良い案件ではないですね。

 

申し込むかどうかは朝に決めるのが無難です。

最終評価は★★☆☆☆となります!

 

分売結果

前日終値 1410円

分売枚数 800枚

割引率  2.98%

分売価格 1368円

 

始値   1372円

高値   1395円

安値   1371円

終値   1371円

出来高   771枚

 

流動性に懸念が残った案件。

寄付の出来高は352枚ということで、分売枚数の44%が捌かれました。

 

一時は1400円浮上かと思われましたが、引けにかけて失速し安値引け。

分売当選組はプラスになりましたが、セカンダリーは微妙でしたね。

 

ただ、これはあくまでも分売当日の結果。

分売が終わった後も様子は見て行くつもりです。

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング