にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売の分析】6560 エル・ティー・エス

立会外分売の分析 6560 エル・ティー・エス

立会外分売分析(6560)エル・ティー・エス
立会外分売(たちあいがいぶんばい)という投資法について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

           ★★★★☆

エル・ティー・エスのペンタゴンチャート

ペンタゴンチャートの見方の基準についてはコチラ


【 市場 】   東証マザーズ

【 信用区分 】 貸借

【 目的 】 東証1部昇格条件の充足

 

【 分売枚数 】 1400枚

【 申込上限 】 1枚

 

【 分売発表日 】 2020年6月23日(火)

【 分売予定日 】 2020年7月1日(木)~7月3日(金)

 

【 分売発表日 終値 】  3100円

【 分売実施日前日 終値 】2820円

 

【 分売発表日 出来高 】      1579枚(157,900株)

【 分売実施日前日 出来高 】  2304枚(230,400株)

 

【 配当金、株主優待 】

 共になし

 

【 割引率 】      2.52 %

【 分売価格 】     2749円

 

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2020年6月30日(火)19:30 最終分析 

●株価はしっかり調整

●前日出来高は2304枚。分売枚数1400枚は十分受けきれる。

●分売価格2749円は、6月18日以降の最安値

●割引率2.52%は今一つだが、他の条件が良いため問題にはならない

 

先日までの地合いも相まって、株価は良い具合にしっかり調整してくれました。

 

分売前日においても、上下こそありましたが株価は下げました。

 

流動性は文句なし。

 

割引率は最近の分売と比べると悪い方ですが、株価が調整したおかげで分売価格2749円は直近の最安値となっています。

 

総合的に、分売案件としては申し分なし!

 

立会外分売には常に地合いの心配もつきまといますが、多少地合いが悪かったとしても利益で終えられるレベルのポテンシャルがあります。

 

今回は全力参加とします!

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村

 

2020年6月29日(月)10:00配信 

●7月8日に東証1部へ昇格が決定

●貸借銘柄なのも良い

●分売発表日の出来高が1579枚で、分売枚数1400枚に対する流動性は十分

●3月23日に年初来安値870円をマークしてからは右肩上がりのチャート

●分売価格が2900円以下だと反発が望めそう

 

今回は既に東証1部への昇格が決定しており、空売りができる貸借銘柄でもあります。

 

また、現在の流動性に対して1400枚の分売は全く問題にならないと思われます。

 

3月下旬に底を打ってから株価は高騰を続け、6月24日には年初来高値となる3585円まで上昇しました。

 

しかし、その後は調整に入り3000円を割る展開になっているため、このまま推移して分売価格が2900円以下になれば良いでしょう。

 

今回は総合的に見て安定した案件になります。

 

ただ現在の市況は悪化傾向にあるため、分売当日の市況&朝の買いの入り状況はチェックしておきましょう。

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング