にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売分析】6549 ディーエムソリューションズ

立会外分売分析 6549 ディーエムソリューションズ

立会外分売分析(6549)ディーエムソリューションズ
立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

 

ペンタゴンチャートの見方の基準についてはコチラ

※仕事の都合で文字表記(5段階評価)

株価調整 1

分売枚数 5

申込上限 4

割引率  5

前日出来高 4

 

総合評価★★★☆☆


【 市場 】   JASDAQ

【 信用区分 】 信用

【 目的 】 株式の流動性の向上

 

【 分売枚数 】 598枚

【 申込上限 】 2枚

 

【 分売発表日 】 2020年8月11日(火)

【 分売予定日 】 2020年8月26日(水)~8月31日(月)

 

【 分売発表日 終値 】    961円

※前場引けに分売を発表し、11:30時点の株価は832円

【 分売実施日前日 終値 】 1400円

 

【 分売発表日 出来高 】      82枚(8,200株)

【 分売実施日前日 出来高 】  363枚(36,300株)

 

【 配当金、株主優待 】

 無配

5000円相当のマヌカハニー1瓶(250g) 3月末権利日

※1年以上継続保有&200株必要

 

【 割引率 】    3.00%

【 分売価格 】    1358円

 

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

2020年8月25日(火)21:30最終分析

 ✕株価は暴騰し、分売発表日の終値961円を大きく超える

〇流動性はしっかり改善

〇割引率が3%

 

株価が暴騰に暴騰を重ねての分売となりました。

 

一時は1650円まで上がったものの、なんとか1400円まで落ち着いての実施です。

 

流動性は改善しているので、需給面での懸念はほぼありません。

 

一応割引率もしっかり3%あるので、こちらも良い点です。

 

分売価格の1358円は直近1週間で見れば安値圏になるため、分売に参加する旨味はあるかと思います。

 

分売枚数が598枚というプレミア分売なので、利益にはなる案件かと。

 

配分される気が全くしませんが、夢を見て参戦します!

 

 2020年8月15日(土)6:00配信 

〇分売枚数が約600枚という小型の分売

△分売発表前までの流動性が悪い

◎8月11日発表の決算にて、第1Q(4~6月)の経常利益が前期比3.6倍の1億6000万円

◎4~9月期の経常利益予想も3800万円から1億9700万円と5.2倍の上方修正

△決算を受け、株価は暴騰(8月14日はストップ高)

 

今回は分売枚数が598枚のため、ややプレミア感ありです。

 

分売発表日までの流動性は悪かったところ、8月11日の好決算を受けて株価は大きく跳ねました。

 

決算翌日(12日)はストップ高で、翌々日(13日)は1230円まで高騰してから利益確定の売りに押されて終値は1055円。

 

そしてなんと、14日はストップ高となる1355円まで高騰。

 

完全に株価がバブル状態となっています。

 

直近1ヶ月は800~900円の間の株価となっていましたが、決算後の勢いが凄いことになっています。

 

今回の分売は発表から実施まで2週間空くという長めのスパンのため、株価の落ち着きと出来高を眺める日々になりそうです。

 

今のままでは分売の参加判断が難しい。

 

事前評価は★★☆☆☆です。

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング