にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売の分析】6196 ストライク

立会外分売の分析 6196 ストライク

立会外分売の分析(6196)ストライク
立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

               ★★★☆☆

ストライクペンタゴンチャート

ペンタゴンチャートの見方の基準についてはコチラ
【 市場 】   東証1部

【 信用区分 】 貸借

【 目的 】 流動性の向上

 

【 分売枚数 】 1000枚

【 申込上限 】 1枚

 

【 分売発表日 】 2020年7月27日(月)

【 分売予定日 】 2020年8月4日(火)~8月7日(金)

 

【 分売発表日 終値 】  4725円

【 分売実施日前日 終値 】 4685円

 

【 分売発表日 出来高 】      753枚(75,300株)

【 分売実施日前日 出来高 】  2768枚(276,800株)

 

【 配当金、株主優待 】

 17.5円、クオカード1000分(8月末権利日)

 

【 割引率 】   2.99%

【 分売価格 】   4545円

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

2020年8月3日(月)21:20 最終分析 

△株価はほぼ調整せず

◎分売枚数1000枚に対して、前日出来高は2768枚で十分

〇値がさの割りに割引率が良い(ほぼ3%)

〇140円の割引は大きい

 

株価は分売発表日の終値4725円からほとんど調整しませんでした。

 

4360円まで下げる時もありましたが、反発しての実施となったのが残念です。

 

流動性は抜群のため、需給面での懸念はありません。

 

株価が4500円前後の値がさ株ですが、割引率がしっかりしているおかげで140円ものディスカウント。

 

空売りを入れている人は抽選に当たるだけで1万円以上の利益になるので、引きに自信がある人は空売りをしていることでしょう。

 

シンプルに申し込んでも利益になる案件だとは思いますが、値がさ株のため一抹の不安は残ります。

 

今宵のダウや日経平均先物に大幅な下落が見られない限りは問題ありません。

 

個人的には、朝起きた時の状態で申込の有無を確定させようと考えています。

 

値がさ株であること以外のリスクはほとんどないので、余力がある人はフルに申し込んでも良さげです。

 

総合的には、★★★☆☆とします!

 

2020年7月27日(月)18:00配信 

◎貸借銘柄なので空売りができる

〇分売枚数1000枚に対する日々の流動性は問題なし

〇3Q(2019年9月~2020年5月)の営業利益が78%増益で着地

△株価のボラティリティ(上下幅)が大きいため先が読みにくい

×株価が4000円を大きく超える値がさ株のため、リスクがある

 

今回の分売は空売りができる「貸借銘柄」となります。

 

そのため、事前に空売りをしておいて分売で配分があった際は「サヤ抜き」で利益を確保することが望めます。

 

分売枚数は1000枚ですが、7月の出来高の平均は1600枚程度、少なくても700枚はあるので十分だと思います。

 

第3Qまでの営業利益は78%増益で着地したものの、翌日は5540円まで高騰した後に大きな陰線を描き終値は4735円でした。

 

一旦反発するも、7月中旬からは下降チャートとなっています。

(6196)ストライク日足

流動性は問題ありませんが、値がさ株ということもありボラティリティはやや大きいです。

 

立会外分売は「需給」と「前日~当日の地合い」の影響を強く受けるため、必然的にリスクは高くなります。

 

今回は分売発表日に事前分析を配信しましたが、まずは明日からの株価変動が一番の注目ポイントになります。

 

まずは直近の安値である4565円を目指して調整することに期待です。

 

事前評価は★★★☆☆とします! 

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング