にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売の分析】4440 ヴィッツ(2回目)

立会外分売の分析 4440 ヴィッツ(2回目)

立会外分売 分析(4440)ヴィッツ(2回目)
立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

                 ★★★★★

ヴィッツ

ペンタゴンチャートの見方の基準についてはコチラ


【 市場 】   東証マザーズ

【 信用区分 】 信用

【 目的 】   2020年7月31日に東証1部への昇格が決定

         それに伴う東証1部の形式要件の充足

 

【 分売枚数 】 1600枚

【 申込上限 】 2枚

 

【 分売発表日 】 2020年7月13日(月)

 

【 分売予定日 】 2020年7月21日(火)~7月28日(火)

 

【 分売発表日 終値 】   2255円

【 分売実施日前日 終値 】 2218円

 

【 分売発表日 出来高 】      953枚(95,300株)

【 分売実施日前日 出来高 】  1839枚(183,900株)

 

【 配当金、株主優待 】

 4円、優待なし

 

【 割引率 】    4.0%

【 分売価格 】    2129円

【 分売結果 】

始値 2171円(+42円)

終値 2219円(+90円)

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2020年7月20日(月)16:30 最終分析

〇分売前日の終値(2218円)が分売発表日の終値(2255円)よりも下である

◎分売枚数1600枚に対して、前日出来高1839枚は完璧

◎割引率4.0%も完璧

◎分売価格2129円は7月9日以降の最安値

 

前日となる20日の始値は2200円でしたが、一時2336円まで高騰するという大誤算。

 

大引けにかけて更に買いが来たら厳しいと思っていましたが、結果的には落ち着いてくれましたね。

 

分売発表日よりも株価は下げており、流動性も文句なし。

 

割引率もピカイチの4%のため、分売価格は2129円となり非常に安心感があります。

 

5日移動平均線をガッツリ下回っているので、株価の浮上も十分見込める状態。

 

2200円付近の株価の分売で89円の割引は相当良い、良すぎます。

 

毎度のことながら市況は気になりますが、今回は利益案件としてかなり堅いと分析しました。

 

期待も込めて、総合評価は初の★★★★★とします!!

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング

 

2020年7月16日(木)6:00配信 

◎東証1部への昇格が決定

〇元々流動性は悪くなかったが、分売発表後は分売枚数1600枚を大きく超える出来高に

△東証1部への昇格が発表された翌日(14日)は高騰。15日は調整した

△前回の分売時と比べて株価は大きく上昇している

 

ヴィッツはおよそ2ヶ月前の5月20日にも立会外分売を実施しています。

 

ちょうど僕の誕生日の日で、分売の神様からのプレゼントなのか2枚の配分がありました。笑

 

その時の記事はコチラ

▷▷▷【立会外分売の分析】4440 ヴィッツ

 

前回の分売発表日の終値は1440円。今回の発表日の終値は2255円なので、かなり高騰している状態での分売となります。

 

ただ、今回は東証1部への昇格が決まった状態での分売。

 

その期待感から発表日の翌日は大きく高騰しました。地合いもかなり良かったですしね。

 

さすがに短期的に上げすぎたせいで15日は調整しています。

 

 

流動性は問題ないため、後はどこまで調整して実施になるかだと思います。

 

7月9日に年初来高値2648円をつけているという過熱感なので、分売発表日の安値である2164円辺りが分売価格になってくれたら有り難いです。

 

現実的には2200円台中頃が分売価格かなと思いますが、それでも利益が期待できる案件だと分析しています。

 

当日まであと3回の市場を挟むので、推移を見守りましょう! 

 

事前分析での総合評価は少し「4」寄りの★★★☆☆です。

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング