にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売の分析】4440 ヴィッツ

立会外分売の分析 4440 ヴィッツ

立会外分売の分析ヴィッツ


立会外分売(たちあいがいぶんばい)という投資法について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】

          ★★★☆☆

f:id:nissi_tousi:20200519185929p:plain

ペンタゴンチャートの見方の基準についてはコチラ


【 市場 】 東証マザーズ

【 信用区分 】 信用

【 目的 】 東証一部への昇格要件の充足、流動性の向上

 

【 分売枚数 】 2000枚

【 申込上限 】 2枚

 

【 分売発表日 】 2020年5月12日(火)

 

【 分売予定日 】 2020年5月20日(水)~5月25日(月)

 

【 分売発表日 終値 】 1440円

【 分売実施日前日 終値 】 1395円

 

【 分売発表日 出来高 】 94枚(9,400株)

【 分売実施日前日 出来高 】 438枚(43,800株)

 

【 配当金、株主優待 】 4円、優待なし

 

【 割引率 】 4.0%

【 分売価格 】 1339円

【 分売結果 】

寄付 1345円(+6円)

終値 1427円(+88円)

 

 

 

2020年5月19日(火)19:00最終更新

●分売前日はしっかり調整(-2.78%)

●出来高もやや改善

●割引率4%は文句なし

●地合いも回復傾向

●分売価格の1339円は5月の安値

 

状況としてはなかなか良いですね!

 

個人的には2000円くらいの利益予想です。

 

申込をした状態で明日を迎え、朝の板が問題なければGOします!

 

2020年5月15日(金)15:30配信

今回も最初は箇条書きで分析していきます。

 

●東証一部への昇格を見据えた分売なのは良い

●分売枚数(2000枚)や申込上限(2枚)は普通

●最近の出来高は150枚程度のため、分売枚数2000枚に対する流動性は物足りない

●分売価格はおおよそ1350円前後のため、参加自体はしやすい価格

●配当が低く株主優待も無いため、株価の下支えに乏しい

 

現在の流動性は物足りなく、配当や優待といった株主還元も乏しいです。

 

しかし、分売目的や分売枚数、推定される分売価格的には参加するリスクは高くないと見えます。

 

今年1月からの日足チャートをご覧下さい。 

ヴィッツの日足チャート

今年の始まりには2300円前後だった株価が、新型コロナウイルスによる市況の悪化も受けて暴落となりました。

 

3月13日には年初来安値となる851円まで下落しています。

 

その後はやや回復傾向にあり、分売を発表した5月12日の終値は1440円となっています。

 

直近1ヶ月での安値が1200円なので、理想としてはこの値に近づいて欲しいところ。

 

現実的なラインとしては、1340円まで調整&3%割引で分売価格が1300円といったところでしょうか。

 

もちろん地合いにも依りますが、今のところは参加のスタンスで問題ないと思います。

 

来週の月曜・火曜での出来高向上と株価の調整に期待しましょう!


素人投資家ランキング