にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売分析】3964 オークネット

立会外分売分析 3964 オークネット

立会外分売分析(3964)オークネット
立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

               ★★★☆☆

f:id:nissi_tousi:20201119185350j:plain

ペンタゴンチャートの見方の基準についてはコチラ
【 市場 】   東証1部

【 信用区分 】 貸借

【 目的 】 株式の流動性の向上

 

【 分売枚数 】 848枚

【 申込上限 】 1枚

 

【 分売発表日 】 2020年11月10日(火)

【 分売予定日 】 2020年11月20日(金)~11月25日(水)

 

【 分売発表日 終値 】  1485円

【 分売実施日前日 終値 】1389円

 

【 分売発表日 出来高 】      989枚(98,900株)

【 分売実施日前日 出来高 】  749枚(74,900株)

 

【 配当金、株主優待 】

 20円

1000円分のクオカード(12月権利月)

また1年以上継続保有なら1000円分追加

 

【 割引率 】    2.52%

【 分売価格 】    1354円

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2020年11月19日(木)19:00配信 

〇株価はやや調整

〇流動性も問題なし

△割引率が2.5%

〇分売価格も悪くはない水準

 

分売発表日の終値1485円から、前日は1389円まで調整しました。

悪くはないですが、もう少し下げて欲しかったところです。

 

貸借銘柄ということもあり、流動性は問題ありません。

 

割引率は2.52%ということで可もなく不可もなく。

やはり3%が一つの目安になるので、十分とは言えないかなと思います。

 

分売価格の1354円も悪くはないのですが、直近安値が1337円なのでそれを下回って欲しかったところですね。

何度も言いますが、悪い水準ではありません。

 

全体を通して惜しい箇所も多いですが、利益は望める案件と分析しました!

最終評価は★★★☆☆のままですが、朝の気配が酷くない限り参加で問題ないと考えています。

 

2020年11月15日(日)11:30配信 

◎東証1部の貸借銘柄

〇既に流動性が一定数ある

〇1300円台前半まで来れば反発の期待大

 

最近東証1部&貸借銘柄の分売が増えてきていますね。

あまり奮わない結果にもなっていますが、オークネットは心配無さそうです。

 

既に流動性はそこそこあり、分売枚数848枚程度であれば需給バランスを崩す危険性は少ないでしょう。

貸借銘柄ということもあり、株価の調整にも期待できます。

 

日足チャートを見ると、8月下旬に1100円の安値をつけてから勢いよく高騰し、10月7日に1669円の年初来高値をマークしています。

その後は調整期間に入りましたが、1300円台半ばで反発したところで分売発表。

 

分売発表翌日の株価はさすがに調整してますが、陽線で引けているため買い需要はあると見えます。

 

株価が大きく高騰したのは9月29日からで、その日の安値が1320円なので個人的な目標分売価格もその辺りです。

 

この規模だと中止も考えにくいので、空売りもそこそこ入ると期待しています。

事前評価は★★★☆☆とします!

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング