にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売分析】3415 TOKYO BASE

立会外分売分析 3415 TOKYO BASE

立会外分売分析(3415)TOKYO BASE
立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

 

ペンタゴンチャートの見方の基準についてはコチラ

※11月30日(月)添付


【 市場 】   東証1部

【 信用区分 】 貸借

【 目的 】 株式の流動性の向上

 

【 分売枚数 】 23200枚

【 申込上限 】 100枚

 

【 分売発表日 】 2020年11月13日(金)

【 分売予定日 】 2020年12月1日(火)~12月4日(金)

 

【 分売発表日 終値 】   512円

【 分売実施日前日 終値 】     円

 

【 分売発表日 出来高 】         7517枚(751,700株)

【 分売実施日前日 出来高 】       枚(株)

 

【 配当金、株主優待 】

 無配

優待なし

 

【 割引率 】       %

【 分売価格 】      円

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2020年11月16日(月)15:00配信 

◎東証1部の貸借銘柄

△分売枚数と申込上限の多さは懸念材料

〇株価帯としては参加しやすい

 

今回は勝率が高い東証1部の貸借銘柄です。

 

そして、分売枚数が23200枚で申込上限が100枚という大規模な案件となります。

分売当日には大量の売りがまとまって出てくるため、上値は重くなりそうですね。

 

8月3日に268円をつけてからは反転し、直近では520円まで高騰。

株価が500円以下の分売は参加がしやすく買いも入れやすいですが、窓を開けて高騰している最中での分売のため、分売によって崩れるリスクもあります。

 

11月の出来高は少なくても5000枚、多いと15000枚を超えているため、流動性は少しずつ改善していけば良いでしょう。

 

分売発表後の11月16日の出来高は20289枚だったので、今後も20000枚前後で推移して欲しいところ。

 

毎度のことですが、この株価帯であれば利益も損失も知れた金額になります。

数枚申し込めば1枚は貰えると思うので、お試しがてら参加するくらいでしょうか。

 

事前評価は★★☆☆☆とします!

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング