にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売分析】2987 タスキ

立会外分売分析 2987 タスキ

立会外分売分析(2987)タスキ
立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

 ★☆☆☆☆

f:id:nissi_tousi:20210519180703j:plain

ペンタゴンチャートの見方の基準についてはコチラ
【 市場 】

東証マザーズ

【 信用区分 】

信用

【 目的 】

株式の流動性の向上

 

【 分売枚数 】

2650枚

【 申込上限 】

10枚

 

【 分売発表日 】

2021年5月12日(水)

【 分売予定日 】

2021年5月20日(木)~5月24日(月)

 

【 分売発表日 終値 】

2047円

【 分売実施日前日 終値 】

1887円

 

【 分売発表日 出来高 】

701枚(70,100株)

【 分売実施日前日 出来高 】

339枚(33,900株)

 

【 配当金、株主優待 】

 30円

優待なし

 

【 割引率 】

3.02%

【 分売価格 】

1830円

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2021年5月13日(木)17:00配信 

✕株価は下落の一途

△分売枚数に対する流動性は低い

〇今期経常利益を17%上方修正

 

公募価格670円のところ、初値が5060円(+655.2%)という驚異的なIPO。

その異常すぎる暴騰の反動により、株価は下落が続いています。

あまり長期では持ちたくないですね。

 

今回の分売枚数は2650枚ですが、日々の出来高は100枚を割る日もちらほら。

分売発表翌日ですら403枚だったので、まだまだ改善が必要です。

 

分売発表直前に発表した決算では、今期の経常利益が17%上方修正に。

良い点もありますね。

 

ただ、5月の地合いは最悪の流れ。

分売発表による需給懸念と地合いにより、分売発表翌日は103円(5.03%)の下落となっています。

終値ベースで2000円の切るのは初です。

 

事前分析の時点では、分売前日の終値は1850円を切って来ると予想します。

そこに3%の割引で1700円台突入という未来が見えます。笑

 

何よりも地合いが最悪なので、警戒しながら推移を見守っていきましょう。

事前評価は★★☆☆☆です。

 

2021年5月19日(水)18:10配信 

✕株価は反発しての実施

✕流動性が全く足りず

 

分売前日としては最悪の状態となりました。

調整に期待がかかりましたが2.27%の上昇。

 

前日出来高は339枚に留まり、分売枚数2650枚に対する割合は13%にも満たないです。

当日の寄付は重たい展開が予想されます。

 

分売前日の安値である1810円よりも高い位置なのも頂けないです。

 

全体としてリスクが高く、旨味はほぼない案件となりました。

利益になる可能性は0ではありませんが、参加はかなり慎重になった方がいいですね。

最終評価は★☆☆☆☆に転落です。

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング