にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売分析】2924 イフジ産業

立会外分売分析 2924 イフジ産業

立会外分売分析(2924)イフジ産業
立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

 

※今回は文字表記(5段階評価)

株価調整 5

分売枚数 3

申込上限 4

割引率  4

前日出来高 4

総合評価 ★★★☆☆


【 市場 】   東証1部

【 信用区分 】 貸借

【 目的 】 株式の流動性の向上

 

【 分売枚数 】 3000枚

【 申込上限 】 5枚

 

【 分売発表日 】 2020年11月10日(火)

【 分売予定日 】 2020年11月18日(水)~11月20日(金)

 

【 分売発表日 終値 】  936円

【 分売実施日前日 終値 】802円

 

【 分売発表日 出来高 】         64枚(6,400株)

【 分売実施日前日 出来高 】       1548枚(154,800株)

 

【 配当金、株主優待 】

 22円

たまごギフト券3枚(300円分)3月と9月が権利月

 

【 割引率 】       2.99%

【 分売価格 】      778円

 

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2020年11月17日(火)21:30最終分析

◎株価は大幅調整

◯流動性もある程度改善

◯割引率も問題なし

◯分売価格がしっかりと安値圏


分売発表日の終値は936円でしたが、前日終値は802円ということでしっかり調整しました。


懸念材料だった流動性も、なんとか及第点までは改善。


株価が調整したにも関わらず、割引率もほぼ3%と文句なしです。


分売価格は8月以降の安値801円を目標にしていましたが、それを大きく下回る778円となったので底値感もあります。


当日の朝の気配が最終判断とはなるものの、想定よりも良い条件が出揃った印象です。


事前評価より★1つ昇格で、最終評価は★★★☆☆とします!

 

2020年11月13日(金)6:00配信 

◎東証1部の貸借銘柄

×流動性がとても悪い

〇経常利益が11%増で2円の増配あり

 

11月で2回目の東証1部かつ貸借銘柄の案件です。

残念ながら1回目のOCHIホールディングスは散々な結果に終わっています。

【立会外分売分析】3166 OCHIホールディングス

 

本来であれば東証1部の貸借銘柄は好結果になる確率が高いですが、流動性がそこまで改善しなければなかなか難しいですね。

 

分売枚数が3000枚のところ、ここ最近の出来高は平均して20枚ほど。

全くと言っていいほど足りていませんが、分売発表翌日は575枚まで改善。

 

OCHIホールディングスの結果を踏まえると、前日出来高は1500枚ほどは欲しいところです。

 

11月に発表した決算では、経常利益が11%増となり配当も20円から22円と増配しています。

このコロナ禍で業績が上向きなのは良いですね。

 

貸借銘柄ということで空売りも視野に入ると思いますが、最近の分売を見ていると踏みあげられる危険性も高そうです。

 

今の時点では、8月以降の安値の801円辺りが目標の分売価格となります。

株価の調整よりも流動性の改善が望まれる!

 

事前評価は★★☆☆☆です! 

 

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング