にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売分析】2904 一正蒲鉾

立会外分売分析 2904 一正蒲鉾

立会外分売分析(2904)一正蒲鉾
立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

 

見方の基準についてはコチラ

株価調整 5

分売枚数 2

申込上限 1

割引率 5

前日出来高 3 

最終評価 ★★★☆☆


【 市場 】

東証1部

【 信用区分 】

貸借

【 目的 】

株式の流動性の向上

 

【 分売枚数 】

9147枚

【 申込上限 】

100枚

 

【 分売発表日 】

2021年5月14日(金)

【 分売予定日 】

2021年5月25日(火)~5月27日(木)

 

【 分売発表日 終値 】

1216円

【 分売実施日前日 終値 】

951円

 

【 分売発表日 出来高 】

77枚(7,700株)

【 分売実施日前日 出来高 】

3476枚(347,600株)

 

【 配当金、株主優待 】

 10円

自社製品1000円分(6月末)

※6カ月以上保有

 

【 割引率 】

3.05%

【 分売価格 】

922円

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2021年5月16日(日)18:00配信 

◎東証1部の貸借銘柄

✕分売枚数と日々の出来高の差が大きい

 

東証1部の貸借銘柄というのは期待が持てますが、問題は分売枚数。

日々の出来高は100枚に満たない日が多い状態ですが、分売枚数は9147枚と非常に多いですね。

相当に重たい案件の予感です。

 

これが信用銘柄であれば完全スルー案件でしたが、空売りによる株価の調整と流動性の改善に期待したいところ。

前日に空売りを入れれば微益にはなるでしょうか。

 

事前評価は★★☆☆☆になります。

 

2021年5月24日(月)18:30最終分析 

◎株価は大幅調整

○流動性も及第点

○分売価格の水準が良い


貸借銘柄&枚数が多いというだけあって、株価は大幅調整。

発表日終値が1216円のところ、前日終値は951円ということで約22%の調整です。


流動性も4000枚近くまで改善しており、空売りもそこそこ入っていると思います。


そして割引率もしっかり3%とあり、分売価格は922円。

最後に922円をつけたのは去年の5月18日なので、一年振りの安値水準となります。


予想外に買いが弱い可能性もありますが、条件としてはかなり整ったという印象です。

配分数が多いので、空売りした人たちは安定した利益の予感。

評価は1つ上げて★★★☆☆とします。

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング