にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売分析】2831 はごろもフーズ

立会外分売分析 2831 はごろもフーズ

立会外分売分析(2831)はごろもフーズ
立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

 

株価調整 1

分売枚数 5

申込上限 3

割引率 4

前日出来高 1

最終評価 ★★☆☆☆


【 市場 】   東証2部

【 信用区分 】 信用

【 目的 】 株式の流動性の向上

 

【 分売枚数 】 400枚

【 申込上限 】 10枚

 

【 分売発表日 】 2020年11月18日(水)

【 分売予定日 】 2020年11月26日(木)~12月1日(火)

 

【 分売発表日 終値 】  3155円

【 分売実施日前日 終値 】3195円

 

【 分売発表日 出来高 】         20枚(2,000株)

【 分売実施日前日 出来高 】       14枚(1,400株)

 

【 配当金、株主優待 】

 50円

500株保有で3000円分の自社製品詰め合わせ(3月、9月末)

 

【 割引率 】   2.97%

【 分売価格 】  3100円

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2020年11月25日(水)19:00最終分析 

✕株価は調整せず

✕流動性が改善せず

◯割引率は問題なし

◯分売価格の水準は戦えそう


分売発表日終値の3155円よりも高騰して実施となりました。

調整しなかったのは痛いところです。


そして、分売枚数400枚のところ前日出来高はたったの14枚。

さすがに100枚くらいは行くかなぁと予想してましたがダメでしたね。


しかし、3000円を超える分売で割引率がほぼ3%なのは評価できます。

分売価格の3100円はキリが良く、直近3ヶ月でも安値圏に位置しています。


とはいえ、今月の分売は流動性が悪いと軟調な結果に終始しているため、参加への懸念が残ります。


朝の板チェックは必須となりますが、最終評価は★★☆☆☆とします!

 

2020年11月23日(月)6:00配信 

〇分売枚数が400枚と小規模

△流動性が低い

〇2Qの経常利益が前年比70.6%増で着地

〇分売価格が節目の3000円を下回れば熱い

 

今回の分売は400枚と小規模になります。

ただ流動性は低く、直近で50枚を超えた日がほとんどありません。

おおむね20枚ほどの出来高で定着しています。

 

分売当日までに200枚辺りまで改善しないと難しい印象。

 

11月に発表した決算の数字は良かったので、業績に不安はあまりありません。

 

株価は7月下旬以降3000円以上の水準で推移しています。

高値は3450円です。

 

少しの調整とそこそこの割引率があれば節目の3000円を切るので、是非とも期待したいところ。

流動性に不安がありますが、全体としてそこまでリスクは無いように見えます。

 

事前評価は★★☆☆☆とします!

流動性の改善に期待していきましょう。 

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング