にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売分析】2818 ピエトロ

立会外分売分析 2818 ピエトロ

立会外分売分析(2818)ピエトロ
立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

 

見方の基準についてはコチラ

株価調整 4

分売枚数 4

申込上限 3

割引率 4 

前日出来高 3

最終評価 ★★★☆☆


【 市場 】

東証1部

【 信用区分 】

貸借

【 目的 】

株式の流動性の向上

 

【 分売枚数 】

1200枚

【 申込上限 】

10枚

 

【 分売発表日 】

2021年5月14日(金)

【 分売予定日 】

2021年5月26日(水)~5月28日(金)

 

【 分売発表日 終値 】

1764円

【 分売実施日前日 終値 】

1647円

 

【 分売発表日 出来高 】

33枚(3,300株)

【 分売実施日前日 出来高 】

428枚(42,800-株)

 

【 配当金、株主優待 】

 24円

自社製品1000円分(3月末、9月末)

 

【 割引率 】

2.98%

【 分売価格 】

1598円

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2021年5月18日(火)23:30配信 

◎東証1部の貸借銘柄

〇流動性は乏しいが改善が見込める

〇22年3月期の経常利益は9.6%増、配当を1円増

 

今回も東証1部の貸借銘柄です。

貸借銘柄とあって、分売発表翌日となる17日は大幅な下落からスタートしました。

 

しかし、急激な下げに対する自立反発により空売り勢は焼かれている(=損をしている)状態。

すぐに空売りを入れれば利ザヤを抜けるという簡単な流れにはなっていませんね。

 

分売枚数は1200枚であり、4月以降の出来高に比べると多いですが、貸借銘柄なので改善していくことでしょう。

分売と同時に発表した決算も良好なので、特に問題なし。

 

やはり貸借銘柄というのは大きいので、案件としては大丈夫かなと感じています。

事前評価は★★★☆☆とします。 

 

2021年5月25日(火)19:30最終分析 

◯株価は100円以上調整

○流動性も許容範囲

○分売価格は節目割れ


一時は大幅反発となったものの、最終的には程よく調整してくれました。


貸借銘柄にしてはそこまで流動性の改善がなかったかなという印象ですが、参加を懸念するほどのレベルではありません。


割引率もしっかり約3%あり、分売価格は節目の1600円を下回る1598円に。

普通以上の案件で、分売価格が節目よりも下になった時ってあまり割れないイメージです。


割れても知れている範囲ですし、リターンの期待値が上回ると見ています。

最終評価は据え置きですが、リスクは少ないでしょう。

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ

にほんブログ村


立会外分売ランキング