にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売分析】2208 ブルボン

立会外分売分析 2208 ブルボン

立会外分売分析(2208)ブルボン
立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

          ★★☆☆☆

f:id:nissi_tousi:20210308165216j:plain

ペンタゴンチャートの見方の基準についてはコチラ


【 市場 】

東証2部

【 信用区分 】

信用

【 目的 】

株式の流動性の向上

 

【 分売枚数 】

2000枚

【 申込上限 】

30枚

 

【 分売発表日 】

2021年3月1日(月)

【 分売予定日 】

2021年3月9日(火)~3月11日(木)

 

【 分売発表日 終値 】

2165円

【 分売実施日前日 終値 】

2072円

 

【 分売発表日 出来高 】

52枚(5,200株)

【 分売実施日前日 出来高 】

455枚(45,500株)

 

【 配当金、株主優待 】

 24円

自社商品詰め合わせ1000円分(9月末)

 

【 割引率 】

2.99%

【 分売価格 】

2010円

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2021年3月5日(金)6:00配信 

〇高値を何度も更新し、少し落ち着いたところ

△分売枚数に対する流動性は不足

〇75日移動平均線を下回っての値決めになれば良さげ

 

昨年11月から上昇トレンドになり、2月12日に2323円の高値をつけてからはやや調整中。

需要はあるようですね。

 

ただ、日々の出来高は100枚以下のことが多い状態。

ちょっと多い日でも150枚超えくらいです。

分売枚数は2000枚なので、前日までに改善は欲しいところ。

1000枚は厳しいですが、700枚くらいまで来たらいいかなと。

 

75日移動平均線が2050円辺りなので、分売価格がこの水準を下回ればひとまず反発期待が出来るでしょうか。 

 

3月4日の終値は2144円で調整が進んでおらず、出来高も225枚でまだまだ。

5日と8日でどこまで挽回するか見守っていきます。

事前評価は★★☆☆☆です。

2021年3月8日(月)17:00最終分析 

△株価の調整はもう一押し

△流動性の改善も今一つ

〇分売価格の水準は良い

 

分売発表日から前日まで、株価の調整は4%強に留まりました。

もう少し調整して欲しかったところでした。

 

流動性は前日に急増しましたが、それでも455枚。

分売枚数2000枚に対して22.7%の量なので不安が残ります。

 

ただ、割引率がほぼ3%のため、分売価格の2010円はしっかり直近の安値になりました。

最後に2010円のラインを下回ったのは1月8日なので2ヶ月振りの安値水準。

節目の2000円で反発が望めそうではあります。

 

しかし流動性の他にもう1つ懸念があり、それは地合い。

3月に入ってから不安定なため、地合いと朝の板を見て参加を決めていきましょう。

最終評価は変わらず★★☆☆☆です。

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング