にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売分析】1449 FUJIジャパン②

立会外分売分析 1449 FUJIジャパン②

立会外分売分析(1449)FUJIジャパン②
立会外分売(たちあいがいぶんばい)について、初心者向けに詳しく解説した記事はコチラです

▷▷▷立会外分売とは【 初心者向け 完全解説 】               

 

見方の基準についてはコチラ

株価調整 1

分売枚数 5

申込上限 3

割引率 2

前日出来高 1

最終評価 ★☆☆☆☆


【 市場 】

札証アンビシャス

【 信用区分 】

該当なし

【 目的 】

株式の流動性の向上

札証本則市場への昇格

 

【 分売枚数 】

750枚

【 申込上限 】

10枚

 

【 分売発表日 】

2021年8月19日(木)

【 分売予定日 】

2021年8月30日(月)~9月1日(水)

 

【 分売発表日 終値 】

482円

【 分売実施日前日 終値 】

478円

 

【 分売発表日 出来高 】

3枚(300株)

【 分売実施日前日 出来高 】

9枚(900株)

 

【 配当金、株主優待 】

 7円

優待なし

 

【 割引率 】

2.09%

【 分売価格 】

468円

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2021年8月25日(水)23:30配信 

✕およそ2ヶ月前の分売は散々な結果

✕流動性が非常に厳しい

 

7月6日にも分売を実施しており、その時は悲惨な結果となっています。

【立会外分売分析】1449 FUJIジャパン

 

その時よりも株価は下落しているので少しはマシですが、流動性は相変わらず。

前回も全く流動性が改善せず余裕で分売割れを起こしたので、今回も警戒が必要です。

 

事前評価はやはり★☆☆☆☆になってしまいますが、前回の汚名を返上できるか。

2021年8月27日(金)21:30最終分析 

✕株価の調整がほぼなし

✕流動性が非常に厳しい

✕割引率も最低レベル

 

7月の実施時も酷い条件でしたが、今回も似たような条件となりました。

 

株価は全くと言っていいほど調整せず、流動性も全くと言っていいほど改善していません。

最後の砦である割引率も最低水準の2%となり、良いところがまるでありません。

 

メリットらしいメリットは皆無。

盛大に割れると予想し、最終評価は★☆☆☆☆です。

分売結果

前日終値  478円

前日出来高 9枚

分売価格  468円

当日出来高 201枚

 

始値    486円※

高値    486円

安値    460円

終値    475円

 

相当に懸念された案件。

始値では分売価格を18円も上回っていますが少しお待ちを。

東証ではない地方証券で実施される立会外分売の場合、配分が9:00に間に合わないことが多いようです(というか確定?)

 

そのため、寄り直後は板が固まっていましたがすぐに下落。

分売価格を割れる場面もありました。

 

しかし終値では分売価格を超えています。

よく分からない案件ですが、スルー自体は正解だったと思われます。

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング