にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外トレード分析】4832 JFEシステムズ

立会外トレード分析 4832 JFEシステムズ       

立会外トレード分析(4832)JFEシステムズ

ペンタゴンチャートの見方の基準についてはコチラ

株価調整 4

分売枚数 3

申込上限 3

割引率 5

前日出来高 2

最終評価 ★★☆☆☆


【 市場 】

東証2部

【 信用区分 】

信用

【 目的 】

株式の流動性の向上

 

【 トレード枚数 】

2500枚

【 申込上限 】

10枚

 

【 トレード発表日 】

2021年1月7日(木)

【 トレード予定日 】

2020年1月14日(木)

 

【 トレード発表日 終値 】

3290円

※前場終了後にトレードを発表し、前場終値は3235円

【 トレード実施日前日 終値 】

2951円

 

【 トレード発表日 出来高 】

95枚(9,500株)

【 トレード実施日前日 出来高 】

506枚(50,600株)

 

【 配当金、株主優待 】

 100円

優待なし

 

【 割引率 】

3.02%

【 トレード価格 】

2862円

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2021年1月10日(日)6:00配信 

✕トレード枚数に対する流動性が乏しい

✕流動性が乏しいのに加え、板も非常に薄い

△トレード前日にハイカラを仕込めれば行けるかも

 

今年初の立会外トレードが来ました。

立会外分売とは異なり、立会外トレードはSBI証券のみで実施されます。

 

今回のトレード枚数は2500枚ですが、トレード発表日の出来高は95枚。

大引けではなく前場終わりに発表しているのにも関わらず、流動性はほぼ改善しませんでした。

今のままの流動性だと厳しいと断言せざるを得ません。

 

ただ、不思議なことに株価はほとんど調整せず。

トレード発表日は一時的に下落しましたが、長い下ヒゲをつけて3180円を底に反発。

結果的に陽線を描いています。

 

2500枚のトレードを受け止められる流動性ではないため、個人的にはすぐに3000円を割ると予想していましたが、今のところ外れています。

現在の株価が高値圏ではないため、あまり反応していないのでしょうか。

 

板も非常に薄く、9日引けの板には52枚の買いしか存在していません。

売りも48枚しかないため、板はスカスカの状態と言えます。

 

さすがにトレード前々日&前日は動きがあると思うので、実施前日にハイカラを仕込めれば意外と美味しいかも知れません。

あくまでも実施されればのお話ではありますが・・・。

 

ヘッジをせず、普通に申込するのはかなりのリスクが伴う案件です。

事前分析の時点での評価は★☆☆☆☆とします。

12日(火)の株価と出来高が非常に気になります。

 

2021年1月13日(水)18:45配信

◯株価はしっかり調整

✕流動性が不足している

△やはり板は薄く心許ない

◎分売価格の水準は抜群

 

トレード発表日の終値は3290円のところ、前日は2951円ということで339円の調整が入りました。

 

先週調整しなかったのが信じられませんでしたが、トレード前々日と前日でそこそこ調整しましたね。

 

ただ、前日の出来高は506枚。

トレード枚数が2500枚なのでおよそ20%分しかありません。

 

立会外分売、トレードにおいては当日の寄付が最大の注目ポイントとなりますが、流動性が足りていない案件は悪い結果になることが多いです。

 

流動性の悪さに加えて、板も薄いままなのも心配です。

 

しかし、割引率がしっかり3%あったことでトレード価格の2862円は4月22日以来の安値水準。

約9ヶ月振りの安値圏なのはかなりプラスになります。

 

総合的に見て安心はできませんが、朝の板を見た上で打診程度の参加をするのはアリだと思います。

トレード価格の良さに頼る案件となり、最終評価は1つ繰り上げの★★☆☆☆とします!

 

トレード結果

前日終値 2951円

トレード枚数 2500枚

割引率  3.02%

トレード価格 2862円

 

始値   2865円

高値   2889円

安値   2863円

終値   2875円

出来高   1752枚

 

一度もトレード価格を割り込まない、最良の結果となりました。

流動性の懸念はありましたが、トレード価格が9カ月振りの安値水準だったのが大きかったですね。

 

立会外分売・トレードにおいては「株価の水準」「出来高(流動性)」が主要な項目となりますが、やはり安値圏にあるというのは反発に強い影響を与えています。

 

数日後は2900円台後半まで浮上もしているので、セカンダリーでも数千円が見込めた案件です。

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング