にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外トレードの分析】3929 ソーシャルワイヤー

立会外トレードの分析 3929 ソーシャルワイヤー

立会外トレード分析(3929)ソーシャルワイヤー

          ★★★☆☆

ソーシャルワイヤーチャート
ペンタゴンチャートの見方の基準についてはコチラ


【 市場 】   東証マザーズ

【 信用区分 】 信用

【 目的 】 東証第1部昇格条件となる株主数・流通株式数の充足、流動性の向上

 

【 トレード枚数 】 1000枚

【 申込上限 】 1枚

 

【 分売発表日 】 2020年6月5日(金)

 

【 分売予定日 】 2020年6月9日(火)

 

【 トレード発表日 終値 】   1112円

【 トレード前日 終値 】 1101円

 

【 トレード発表日 出来高 】   1429枚(142,900株)

【 トレード前日 出来高 】 1320枚(132,000株)

 

【 配当金、株主優待 】

13円、クオカード2000円分(3月末)

 

【 割引率 】  3.00%

【 トレード価格 】 1068円

【 トレード結果 】

始値 1079円(+11円)

終値 1122円(+54円)

 


立会外分売ランキング

 

2020年6月8日(月)21:30配信

●株価はほんの少しだけ調整

●トレード前日は寄り付近で一気に売られたが、大きな反発も見られた

●前日出来高は1320枚で、トレード枚数1000枚に対する流動性は十分

●割引率3.0%は悪くないが、もう一押し欲しかった

●トレード価格の1068円は8日の底値のため、ここで反発期待

 

トレード前日となる8日の株価は多少動いたものの、終値は-11円ということで僅かな調整となりました。

 

流動性は文句なしです。

 

割引率は前回の分売(2.96%)よりも僅かに高い3.0%ですが、立て続けに実施したお詫びも兼ねてもう少し欲しかった。笑

 

トレード価格の1068円は直近の安値&8日の底値になるため、この付近で反発することに期待したいです。

 

前回が大当たりの案件となりましたが、今回も利益は狙える案件だと感じています。

 

僕のスタンスは「参加」になります!

 

2020年6月7日(日)14:50配信

まず始めに、今回は立会外「トレード」となります。

 

立会外「分売」と基本的な流れは同じですが、唯一にして最大の違いはSBI証券のみで実施されるという点です。

 

申込はSBI証券からだけになるので参加者が絞られ、立会外分売と比べるとやや当たりやすいかなという印象。

 

そして、今回は結論から述べます。

 

分売価格が1060円以下なら悩まずに申込!

 

分析としては

 

●東証1部への昇格を目的として6月1日に立会外分売を実施したばかり

●間髪入れず立会外トレードということは、株主数が不足していると思われる

●ここ1週間の出来高は1000枚以上で安定しており、流動性の心配は無し

●直近7営業日での最安値は、トレード発表日につけた1060円

●下値目処は5月27日の最安値1023円か

 

そう、ソーシャルワイヤーはついこないだ立会外分売を実施したばかりです。笑

 

その時の記事がコチラ

▷▷▷【立会外分売の分析】3929 ソーシャルワイヤー

 

今回は、東証1部の昇格条件である「株主数2200名以上」を達成するための追加分売と思われます。

 

前回の立会外分売は大きな利益を得られる結果となりました。

 

寄りで売れば11000円の利益、終値で売っても6400円の利益です。

 

前回の枚数は300枚と超小型だったため、需給の良さにより美味しい案件でしたね。

 

今回は1000枚ですが、流動性に問題はないので大きな価格割れは無さそうです。

 

前回の割引率は2.96%だったので、今回はもう一押しの割引率に期待してトレード価格がトレード発表日の安値1060円を切ってくるようであれば全力でいきます!

 

1080円近辺でも勝負はできると思うので、まずは8日(月)の発表を楽しみに待ちます。