にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外トレードの分析】1921 巴コーポレーション

立会外トレードの分析 1921 巴コーポレーション

立会外トレード分析(1921)巴コーポレーション

          ★★★☆☆

巴コーポレーションペンタゴンチャート

ペンタゴンチャートの見方の基準についてはコチラ


【 市場 】   東証1部

【 信用区分 】 貸借

【 目的 】 流動性の向上

 

【 トレード枚数 】 8366枚

【 申込上限 】 50枚

 

【 トレード発表日 】 2020年6月19日(金)

【 トレード予定日 】 2020年6月25日(木)

 

【 トレード発表日 終値 】   383円

【 トレード実施日前日 終値 】 353円

 

【 トレード発表日 出来高 】     1119枚(111,900株)

【 トレード実施日前日 出来高 】 3191枚(319,100株)

 

【 配当金、株主優待 】

6円、優待なし

 

【 割引率 】    3.12 %

【 トレード価格 】 342円

【 トレード結果 】

始値 345円(+3円)

終値 339円(-3円)

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

 

2020年6月24日(水)19:15 最終分析

●株価はしっかり調整している(分売発表日383円、前日終値353円)

●前日の出来高は3191枚で、トレード枚数8366枚には遠いが改善している

●割引率も3%を超えて来たため、トレード価格は6月の最安値346円より下の342円

●株価が300円台の小型株のため、リスクを気にせず参加可能

 

今回の分析はシンプルです。

 

株価は調整していて流動性も改善傾向、割引率も3%でしっかり。

 

これらの好条件が揃っていてなおかつ小型株なので、リスクは相当限定されています。

 

その反面利益もかなり限られたものになりそうですが、最近立会外トレード(分売)を始めた方は手始めに参加しても良いかなという印象です。

 

立会外トレードはSBI証券独自に実施されるものですが、1点注意があります。

 

それは俗に「足切り」と呼ばれているものです。

 

申込の際、一定枚数以下の人は問答無用で配分されない(=落選)というルールがあります。

 

詳細の数値は不明ですが、今回の申込上限50枚&トレード枚数8366枚ということを考えると、10枚申し込めばほぼ間違いなく1枚は貰えるかな?という感じです。

 

ここの仕組みについては是非とも解析していきたいところですね。

 

ちなみに僕は今回1500株の申込をしています。

 

トレード前日の寄付にて350円で300株を空売りしているため、300株の配分が最もノーリスクで嬉しいです!

 

結論としては、肩慣らしとして良さげな立会外トレードになると予想します。

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

 

2020年6月22日(月)6:00配信

最近は立会外トレードの案件がちょくちょく出てきますね。

 

SBI証券のみで実施される立会外分売という認識で良いかと思います。

 

●東証1部で貸借銘柄(空売りができる)なので注目大

●トレード枚数8366枚は非常に重たい

●直近1ヶ月の平均出来高はおおよそ400枚で、多い日でも1000枚ほどなのでトレード枚数に押しつぶされる可能性が高い

●2020年1月21日に年初来高値となる518円をマークしたが、その後は下落し3月13日には年初来安値となる250円まで落ち込んだ

●3月中旬からはジリジリと上昇傾向

 

今回の注目は大きく2点!

 

①貸借銘柄のため空売りが可能

 

空売りが可能だと、売りポジションをトレード当日まで持ち越して、トレードで配分された分との相殺で「サヤ取り」ができます。

 

(例)

400円の時に100株空売りをしてトレード価格が380円になった場合、100株の配分があれば400-380=20円のサヤ取りができる

 

よって、20円×100株=2000円の利益GET

 

空売りの手数料がかかるため2000円ピッタリの利益にはなりませんが、ローリスクで利益を得られる有名な方法です。

 

今回は空売り参戦も視野に入れます。

 

②日々の出来高に比べてトレード枚数が非常に多い

 

トレード枚数が8366枚なのに対して、日々の出来高は1000枚にすら到達しない日が多い状態です。

 

立会外トレードの発表を機に流動性の向上が見込めますが、どこまで改善するかは22日(月)以降しっかり見ていきたいと思います。

 

4月からの日足です。

(1921)巴コーポレーション日足

6月19日までの日足を見る限りだと

トレード価格360円⇒厳しい

トレード価格340円⇒参加する最低条件

トレード価格320円⇒やや安心して参加できそう

 

という印象です。

 

もちろん、流動性が改善することが前提ですが・・・。

 

株価は400円前後で小型なため、ある程度のリスクを背負っても深手にはならないです。

 

このまま要チェック!

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村


立会外分売ランキング