にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

にっしー短観vol.3(日経平均株価、減配・無配)

にっしー短観vol.3のキーワードは「日経平均株価」「減配・無配」です!

f:id:nissi_tousi:20200502151030p:plain

 

2020年5月1日(金)

日経平均株価終値 19619.35円 (前日比 -574.34円)

①今週の振り返り

 GW前最後の週が終わりました。まずは皆さんお疲れ様でした。

 

日経平均株価は上値が重く19500円近辺で推移していましたが、4月30日には大幅高となり、一時20300円を超えました。

 

しかし、GW前最後となる5月1日は全体的に大きく売り込まれました。

 

日経平均株価は節目となる20000円を大きく割り込み前日比-574円となっています。

 

高配当銘柄も全面安、直近IPOも全面安、某服屋やソフトバンクも下落、月末に決算を発表した企業の多くも下落という悲惨な市況でした。

 

新型コロナウイルスによって3月、4月の経済は大打撃を受けているため、個人的には日経平均株価が20000円を奪還したこと自体不思議です・・・。

 

決算を発表した企業が複数ありましたが、多くの企業では「減配・無配」という辛い文字が散見されました。

 

航空業界を代表する(9202)ANAは無配、(9201)JALは年間110円から55円に減配となり、新型コロナウイルスの影響が直撃する業界の深刻さが伺えます。

 

 

 

②来週の展望

 次の日本株式市場は5月7日(木)です。

 

5月2日~6日までの5日間に起きた出来事を踏まえた上での7日となるので、とても重要です。

 

投資のアノマリーに「Sell in May」という言葉がある通り、5月1日は日経平均株価もダウ平均も大きく下落しました。(ダウは前日比-622ドルの下落でした。)

 

アノマリー・・・理論や成立根拠が明確にはなっていないが、一般的に観測されている市場の規則性

 

正確には「Sell in May, and go away; don't come back until St leger day.」という言葉で、日本語訳としては「5月に売って相場から離れて、9月の第2土曜日にまた戻ってこい」という感じです。

 

この言葉通りになるかは市場のみが知るということになりますが、5月中旬には企業の決算発表が集中するため、業績悪化の報告と同時に減配・無配の決定をする企業が爆増する可能性があります。

 

そうするとアノマリー通りに市場全体が下落に向かいます。

 

売りが売りを呼ぶ形になり、投資家たちが懸念している「二番底」が来る危険性も否めません。

 

かといって、空売りやインバースが安定かというとそういうわけでもありません。

 

日本銀行による金融緩和があるからです。

 

もはやリスクを避けたいなら株式市場から身を引く、言うならば「Go away, don't come back.」ということになるでしょうか。笑

 

まずはGW期間中の世界情勢を観察し、5月7日以降の立ち回り方を各自考えていきましょう!

 


素人投資家ランキング