にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

にっしー短観vol.19(コロナ禍IPOを初値買いして持ち越すと・・・?)

にっしー短観vol.19のキーワードは「コロナ禍IPO」「初値買い」です!

にっしー短観vol.19 コロナ禍IPOを初値買いして持ち越すと?

2020年8月21日(金)

日経平均株価終値 22,920.30円 (前日比+39.68円)

 

コロナ禍IPOを初値買いして・・・

今回は、6月下旬以降に上場した「コロナ禍IPO」を初値買いし、8月21日(金)の引けまで持ち越した場合の損益について計算してみました!

 

初値の大暴騰が続いているコロナ禍IPOですが、持ち越していればどんな結果に・・・?

まずは各銘柄の損益計算です。

 

(4497)ロコガイド

初値 4605円

8月21日終値 5490円 

損益 +88500円

 

(4052)フィーチャ

初値 4710円

8月21日終値 3780円 

損益 -93000円

 

(7689)コパ・コーポレーション

初値 4530円

8月21日終値 8450円 

損益 +392000円

 

(4496)コマースOneホールディングス

初値 6970円

8月21日終値 7120円 

損益 +15000円

 

(6599)エブレン

初値 5000円

8月21日終値 4090円 

損益 -91000円

 

(7351)グッドパッチ

初値 2757円

8月21日終値 2449円 

損益 -30800円

 

(7352)Branding Engineer

初値 2920円

8月21日終値 2674円 

損益 -24600円

 

(4499)Speee

初値 5150円

8月21日終値 4995円 

損益 -15500円

 

(4495)アイキューブドシステムズ

初値 9430円

8月21日終値 7990円 

損益 -144000円

 

(7353)KIYOラーニング

初値 5360円

8月21日終値 7130円 

損益 +177000円

 

(4051)GMOフィナンシャルゲート

初値 6550円

8月21日終値 10040円

損益 +349000円

 

(4054)日本情報クリエイト

初値 2210円

8月21日終値 2419円 

損益 +20900円

 

(4053)Sun Asterisk

初値 1209円

8月21日終値 2200円 

損益 +99100円

 

(4883)モダリス

初値 2520円

8月21日終値 3295円 

損益 +77500円

 

(4055)ティアンドエス

初値 7010円

8月21日終値 24700円 

損益 +1769000円

 

最終損益

利益合計 +2,988,000円

損失合計 -  398,900円

最終損益 +2,589,100円

 

はい、皆さんの声が聞こえます。

「ふざけんな!ティアンドエスはノーカンだ!」

 

ティアンドエスを除いた最終損益は+820,100円

それでも82万円の利益が残るんですね。

 

ちなみに、ティアンドエスを含む15銘柄全ての初値の合計は7,093,100円。

 

つまり、700万円の資金をコロナ禍IPOの初値買いに充てて、丸々2ヶ月弱気絶していれば250万円を超える含み益の状態になります!!

 

元手700万円に占める含み益の割合はなんと36.5%に。

非常に効率の良い投資法となりますね!

 

・・・いや、無理でしょ。笑

 

握力強いとかそういう次元の話ではなく、もはや手と同化しています。

 

初値が暴騰し過ぎてその後は下火かと思いきや、更に伸びていくのがコロナ禍IPOの特徴と言えるかも知れませんね。

  

この記事に触発されて、絶賛即金規制中のニューラルポケット以降を初値買い&持ち越し投資法を実行された方がいたら是非教えて下さい。笑

 

以上、やっぱIPOは夢があるねという記事でしたっ!

 

IPOの初値を決める要素についてまとめた記事はコチラ!

▷▷▷IPOの初値に影響する14の要素【 ①~⑦ 】

▷▷▷IPOの初値に影響する14の要素【 ⑧~⑭ 】

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ