にっしーの投資日記

IPOや立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信していきます☆

【立会外分売の分析】4619 日本特殊塗料

立会外分売の分析です! 4619 日本特殊塗料

f:id:nissi_tousi:20200322230956p:plain


立会外分売について知りたい方はコチラからどうぞ!

立会外分売ってなに?初心者向けに解説しました☆

 

分析のペンタゴンチャートの見方はこちらからどうぞ!

          ★★★☆☆

f:id:nissi_tousi:20200325211934p:plain


【市場】 東証1部

 

【信用区分】 貸借

 

【目的】 流動性の向上

 

【分売枚数】 2928枚

 

【申込上限】 5枚

 

【分売発表日】 2020年3月19日(木)

 

【分売予定日】 2020年3月26日(木)~3月30日(月)

 

【分売発表日 終値】 903円

 

【分売実施日前日 終値】 782円

 

【分売発表日 出来高】 287枚(28,700株)

 

【分売実施日前日 出来高】 2283枚(228,300株)

 

【配当金、株主優待】 

40円、なし

 

【分売価格】 759円

 

【割引率】 2.94%

 

【 3月25日(水)最終更新 】

 

分売前日の25日は

 

①株価が大きく下落(-55円、6.57%)

 

②出来高改善(分売発表日287枚、前日2283枚)

 

ということでなかなか良い引け方をしました!

 

大引けでは501枚の出来高があり、空売りも入っていることでしょう。

 

本日の地合いは歴史的な大暴騰。

 

明日の朝まで引き継げばそこそこ良い分売となる気がしています。

 

分売枚数が3000枚近くあり、申込上限が5枚なので、全力でいけば1枚くらいは貰える期待があります。

 

分売価格の759円は、つい先日にマークした年初来安値の750円に迫る水準なので、分売割れを起こした際も大きな痛手とはならないと見てます。

 

そもそもの株価も参加しやすい700円台ですしね。

 

個人的な話をすると、明日は朝の板が全く見れないため参加は悩み中です。

 

朝の板の確認は必要ですが、参加のスタンスで特に問題ないと分析しました!

 

~3月22日(日)執筆~

 立会外分売の分析 4619 日本特殊塗料

 東証1部×貸借銘柄ということで、この点に関しては分売としての魅力は高いです!

 

目的は流動性の向上なので可もなく不可もなく。

 

 

しかし、2928枚という分売枚数は中規模である上に、分売発表日の出来高は287枚で10分の1にも達していません・・・。

 

空売りによる株価下落と、前日までの出来高増加に期待したいところです。

 

分売発表日の株価は903円ということで、比較的手を出しやすい3桁の株価なのはプラスです。

 

配当金も40円あるので、一定の下支えにもなると思います。

 

せっかくなのでチャートをご覧ください。

 

f:id:nissi_tousi:20200322230310p:plain

 

直近の高値は2019年12月20日につけた1642円。

 

そこからは下落基調となり、2020年3月17日に750円の安値をつけました。

 

少し反発して3月19日は903円で引けたという形です。

 

分売発表後、初めての市場が3月23日(月)となるので値動きに注目です!

 

空売りも入って来ると思われますが、先日分売の中止もあったことから警戒はされるでしょう。

 

まずは2928枚の分売を受け止めるだけの流動性になるよう、しっかり見守っていきます。

 

 


素人投資家ランキング

 

松井証券の魅力、まずはお試しください。