にっしーの投資日記

IPOや立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信していきます☆

IPO投資の落とし穴4選【 大切なのは確認です 】

IPO投資における落とし穴について、4つにまとめて紹介していきます!

 IPO投資には「市況」という強大な相手もいますが、まずは自分自身との勝負になります。

 

僕がIPO投資をしていてハマってしまった落とし穴についてご紹介するので、皆さんも気を付けながら当選を目指してみて下さい!

 

f:id:nissi_tousi:20200319154501p:plain

 

①想定価格<仮条件価格による余力不足

会社がIPOによって上場する時、最初に設定されるのが【 想定価格 】です。

 

(例)想定価格 1800円

 

そして、会社の経営陣は機関投資家などにプレゼンテーションを行います。

 

我が社はこんな事業を展開しており、これぐらいの売上を目標としていて、これぐらいの利益が見込めます、といったように。

 

そして、機関投資家などの意見を参考にして【 仮条件価格 】が決定されます。 

 

(例) 仮条件価格 1800~2000円

 

日頃からIPO投資に励んでいる方はお気づきだと思いますが、利益が見込める美味しいIPOの場合、大抵は 想定価格<仮条件価格 になります。

 

IPOラッシュ時は「とりあえず想定価格を元に資金繰りのスケジュールを立てよう」と考える方も少なくないと思います。

 

そのため、ブックビルディング期間が被る3社の想定価格が

 

A社・・・600円(6万円)

B社・・・900円(9万円)

C社・・・1500円(15万円)

 

という場合に「よし、30万円あれば全て申し込めるな」と思っていても、仮条件が

 

A社・・・550~700円(7万円)

B社・・・900~1100円(11万円)

C社・・・1500~1800円(18万円)

 

となると合計で36万円が必要となってしまいます・・・。

 

SBI証券、大和証券、みずほ証券、東海東京証券は同一資金で申込ができるため18万円あれば基本的に事足りますが、複数の証券会社から申し込むのが前提なので馬鹿にできない金額になります。

 

期限ギリギリになってから「うわー、資金回らなくなった(´;ω;`)」とならないように、想定価格から多少上がっても問題ないように資金を用意しておきましょう!

②証券会社間で異なるブックビルディング期間

IPOの抽選に申込をする【 ブックビルディング期間 】は証券会社によって〆切日が異なります。

 

最近僕がやられた証券会社は野村證券です。

 

週をまたぐとなると、金曜で〆切の証券会社と翌週月曜で〆切の証券会社が出てきたりするので、それぞれの証券会社でしっかりと確認することが必要です。

 

IPOは当選確率がとても低いですが、申し込めばとりあえず0.001%くらいのチャンスはあります。

 

申込を忘れてしまう、間に合わないということがあればその瞬間に当選確率は0%になってしまうので、一縷の望みを無くさないためにもしっかりチェックしていきましょう!

③委託幹事に気付かないことによる機会損失

IPOの当選本数は主幹事証券会社が90%近くを引き受け、残りを複数の証券会社が幹事として引き受けています。

 

たまに、主幹事もしくは幹事の証券会社からIPOの抽選配分を委託される証券会社が出てきます。

 

これが【 委託幹事 】です。

 

松井証券、ライブスター証券が担うことが多いですね。

 

最初に幹事となる証券会社が発表された時には掲載されていないことが多く、発表されても気付きにくいです。

 

そのため、しっかり情報をチェックしていれば思わぬ当選を得られるかも知れません。

 

みんなが気付きにくいことではありますが、この落とし穴には気を付けてください!

④当選したIPOの購入忘れ

最後の落とし穴は最大級の落とし穴です。笑

 

当選したのに購入期間を過ぎてしまい、保有権利を失ってしまうという悔やんでも悔やみきれない最悪の落とし穴。

 

A級、S級でやらかすと恐らく1ヶ月は立ち直れないと思います(それ以上かも)

 

今まで僕は①~③までの落とし穴にハマったことがありますが、この④だけはありません。

 

そして、今後もないと言い切れます!

 

なぜかというと、当選したIPOは即購入し【 上場日までの毎朝毎晩に渡って注文照会を確認しているから 】です!爆

 

そこまでするか?と感じる方もいるかも知れません。

 

でもいいんです。年に数回、もしかしたら1回、下手したら0回かも知れない貴重な貴重な当選。

 

その時ぐらい狂ったように確認してもバチは当たりません(*^^)v

 

僕は2019年に2回当選を勝ち取りましたが、それぞれこの方法を実施したおかげで

バッチリでした。

 

毎日はやりすぎにしても、購入〆切日の前日と当日のダブルチェックくらいはしてもいいと思います。

 

IPO投資は常に【 資金管理 】と【 スケジュール管理 】の戦いです。

 

市況はどうにもできませんが、個々の資金管理やスケジュール管理は意識すればできるので気持ちを引き締めて頑張っていきましょう!

 


素人投資家ランキング