にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

【立会外分売 分析】4437 gooddays ホールディングス

立会外分売の分析をしていきます! 4437 gooddaysホールディングス

f:id:nissi_tousi:20200319165223p:plain


立会外分売について知りたい方はコチラからどうぞ!

立会外分売ってなに?初心者向けに解説しました☆

 

分析のペンタゴンチャートについて、コチラをご覧下さい。

 

          ★☆☆☆☆

 

f:id:nissi_tousi:20200324213827p:plain


【市場】 東証マザーズ

 

【信用区分】 信用

 

【目的】 東証1部昇格、流動性の向上

 

【分売枚数】 300枚

 

【申込上限】 1枚

 

【分売発表日】 2020年3月16日(月)

 

【分売予定日】 2020年3月25日(水)~3月31日(火)

 

【分売発表日 終値】 912円

 

【分売実施日前日 終値】 860円

 

【分売発表日 出来高】 33枚(3,300株)

 

【分売実施日前日 出来高】 128枚(12,800株)

 

【配当金、株主優待】 

どちらもなし

 

【分売価格】 834円

 

【割引率】 3.02%

 

☆☆3月24日(火)最終更新☆☆

 

株価は分売発表日から52円下げていますが・・・。

 

出来高は分売発表日の33枚から128枚ということで4倍近くになっていますが・・・。

 

割引率は3%超えで悪くないですが・・・。

 

本日の日経平均は1200円以上上昇していますが・・・。

 

たくさん良い情報を並べても、明日参加する気にはなれてないです。

 

流動性が悪いのは元より、板がスカスカ過ぎて全く安心できません。

 

分売枚数はたったの300枚ですが、分売前日の出来高はたったの128枚ぽっちです。

 

本日の立会外トレードも散々な結果になっていますし、今月は立会外分売も安心しては臨めません。

 

まさかの売れ残りや突然の買い手登場でミラクル利益を得られる可能性も0ではありませんが、参加する旨味は全く感じられません。

 

地合いに関係なく、★5段階中の1と評価させていただきます!

 

さぁ、立会外分売ブロガーとしての真髄が問われる。笑

 

~3月19日(木)執筆~

 立会外分売の分析 4437 gooddaysホールディングス

 今回の分売目的は東証1部への昇格です!

 

立会外分売の実施目的としては良いのですが、2019年9月の時点での株主数が500人くらいなので、本当に東証1部を目指すのであればあと1700人株主を増やさないといけません。

 

それなのに分売枚数は300枚。

 

もう一度言いますが、本当に東証1部を目指すならあと1700人もの株主数を増やさないといけません。

 

去年の年末から今年にかけて株主数が爆増しているのでしょうか・・・。

 

また、分売発表日である3月16日(月)の出来高は33枚、19日(木)の出来高は63枚ということで流動性は悪い状態です。

 

ちょっとこの板を見てください。笑

f:id:nissi_tousi:20200319155702j:plain

 

ちょっと買ったらストップ高、ちょっと売ったらストップ安になりかねないスカスカの板です(; ・`д・´) 

 

これは300枚の分売すら捌けるか不安です。

 

分売発表日の終値は912円ですが、2ヶ月前の1月14日には1847円の年初来高値をつけています。

 

この時点で既に半値となっているのに、3月19日の安値は840円です。

 

完全な下降トレンドとなっているので、今回の分売で反発できるかどうかはかなり微妙なところです。

 

配当金や株主優待が無く、株価の下支えに乏しい状態のため、分売の300枚で土砂崩れを起こす危険性も有り得ます。

 

また、再三触れているように、コロナショックによる市況悪化で立会外分売もかなり警戒されています。

 

そして、先日はこちらの立会外分売が中止となりました。記事も予想の途中で打ち切りになってしまってダブルで残念でした。

【立会外分売 分析】3565 アセンテック

 

色々危険な香りがする案件なので、今のところは警戒しながら様子見といった感じです。

 

週明けに状況が好転することを願いながら、相場が動かない3日間ゆっくりしたいと思います。

 


素人投資家ランキング

 

松井証券の魅力、まずはお試しください。