にっしーの投資日記

IPOや立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信していきます☆

【立会外分売 分析】3565 アセンテック

立会外分売の分析をしていきます! 3565 アセンテック

f:id:nissi_tousi:20200316190200p:plain


立会外分売について知りたい方はコチラからどうぞ!

立会外分売ってなに?初心者向けに解説しました☆

 

分析のペンタゴンチャートについて、コチラをご覧下さい。

※3月18日(水)添付予定


【市場】 東証1部

 

【信用区分】 信用

 

【目的】 株主数維持、流動性の向上

 

【分売枚数】 3380枚

 

【申込上限】 4枚

 

【分売発表日】 2020年3月11日(水)

 

【分売予定日】 2020年3月19日(木)~3月25日(水)

 

【分売発表日 終値】 2152円

 

【分売実施日前日 終値】 ???円

 

【分売発表日 出来高】 2908枚(290,800株)

 

【分売実施日前日 出来高】 ???枚(株)

 

【配当金、株主優待】 

7円、優待なし

 

【分売価格】 ???円

 

【割引率】 ???%

 

~3月16日(月)執筆~

 立会外分売の分析 3565 アセンテック

 

 今回の分売目的は株主数の維持と流動性の向上となっています。

 

東証1部に残るためには株主数2200名以上である必要があります。

 

分売枚数は3380枚とやや多めですが、分売発表時の時点で出来高が2900枚もあるので元々流動性はあるようです。

 

ただ、市況の悪化のせいか徐々に流動性が低くなり、16日(月)の出来高は1540枚となりました。

 

絶望的な流動性ではありませんが、残り2日間で改善していって欲しいですね。

 

株価ですが、発表当日の終値は2152円です。

 

2月25日に年初来高値の3415円をつけてからは下降チャートを描いており、3月13日(金)には一時1713円の安値をつけました。

 

3月16日の終値は1855円なので、まずは再び1700円台まで調整して欲しいところです。

 

3月11日付のIRで「今期経常利益が12%増で3期連続最高益更新」とありますが、コロナショックには立ち向かえず株価は下落という形・・・。

 

また、本日は日銀の緊急会合が行われましたが、今本当に必要なのは金融政策ではなくワクチンの開発・普及です。

 

ただ買い支えますというのは空売り勢に持っていかれるだけなのでは、と不安視しています。

 

市況は荒れに荒れているため、今回の分売もリスクのある案件になることが予想されます。

 

まずは分売価格発表までの間、様子をしっかり見ていきたいです!

 


素人投資家ランキング

 

松井証券の魅力、まずはお試しください。