にっしーの投資日記

IPOや立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信していきます☆

【立会外分売】朝の板の解説をします(初心者向けです!)

立会外分売の朝の板について、実際のスクショを用いながら解説していきます!

 

僕も初心者な故、初心者向けの内容にしていきます。

 

 

①8:19の板

立会外分売に限らず、8:00から各銘柄の板を見ることができます。

 

立会外分売の申込期限は実施当日の8:20までというのが一般的なので、僕のように立会外分売に参加する人は8:00~8:19までの板を見て申込の是非を判断しています。

(8:30まで申込できる証券会社もあります)

 

それでは早速、実際の板を見ていきましょう!

 

f:id:nissi_tousi:20200229164335p:plain

8:19時点で青の丸で囲んでいる『成売』は21400株、赤の丸で囲んでいる『成買』は43600株の注文が入っています。

 

成売は「何円でもいいから9:00になった瞬間に売りたい人」

成買は「何円でもいいから9:00になった瞬間に買いたい人」

という認識でOKです。

 

差し引き22200株の買いが優勢になっており、俗に言う「買い気配」となっています。

 

しかも、この瞬間だけで言えばストップ高気配となります。

 

この段階では、立会外分売によって売られる株は1株も含まれていません。

 

なぜなら、立会外分売の抽選は8:40過ぎくらいに始まり、結果が出るのが8:50前後になっているからです!

 

ちなみに、この時の分売枚数は3000枚(300,000株)だったため、個人的には買いのパワーは相当弱いと感じていました。

②8:45の板

さて、8:45になりました。

まずはこの時のスクショをご覧下さい。

 

f:id:nissi_tousi:20200229165546p:plain

成売が22200株あります。

 

ここで注意したいのは、「分売によって撒かれる株はまだ含まれていない可能性が高い」ということです(というより、ほぼ100%含まれていません)

 

立会外分売の抽選結果が確定し、配分があったかどうか分かるのは8:50前後なので、8:45に結果が出るのは早すぎるはずです。

 

自分の結果が分かってから売り注文を出す操作をするため、立会外分売による売りが出始めるのは8:52~8:53辺りだと個人的には考えています。

 

そのため、この時僕は「あと数分後に分売の売りがドサっと来るから、今回は分売価格を割れるだろう」と思っていました。

 

結果論になるので、別に気にしないで下さい。笑

③8:54の板

さて、売りが出始める8:54がやってきました。

板をご覧下さい。

f:id:nissi_tousi:20200229170424p:plain

想定した通り、分売の配分があった人たちの売り注文が続々と出てきました!

 

黄色の丸で囲んでいるのは前日の終値です。

 

これは立会外分売が行われる銘柄の流れとしては至極普通なことなんですが、あえて言葉で表現するとしたら「8:19までの時点では圧倒的なストップ高気配だったが、40分足らずで前日終値を一気に割ってしまった」ということになります。笑

 

立会外分売当日の板の動きとしてはこれが当たり前なので、8:54辺りから板が下に落ちまくっても必要以上に焦らなくて大丈夫です。

 

ちなみに、今回の分売価格は2400円なのでまだ利益が出る可能性があるように見えますが、2449円以下の買い注文がスカスカのためあと数分でもっと下がるだろうなあという予測がつきます。

 

立会外分売の売り注文は8:56~8:59にかけてピークとなることが多いからです。

 

④8:59の板

さて、いよいよ決着の時が近づいてきました!

板を見て下さい。

f:id:nissi_tousi:20200229171028p:plain

成買の数も増えてはいますが、それ以上に成売の勢いが止まりません。

 

売り注文の多さに押されてしまい、分売価格である2400円も割り込んでしまっています。

 

買いと売りの均衡がとれているのが2355円付近なので、このまま行くと今回配分された人が成売で注文すると

 

2355円(売却価格)-2400円(分売で購入した価格)=4500円の損失

 

という結果になります。

 

⑤9:00の状態

勝負の時がやってきました!

ここで全体図を見てみます。

f:id:nissi_tousi:20200229171716p:plain

前日終値が黄色の丸の2475円のところ、売り注文が多過ぎたせいで2425円でも買いと売りの均衡がとれずに「売り気配」となっています。

 

8:59の時点で均衡がとれていたのが2355円でしたね。

 

2425円で寄るはずがありません。

 

売り気配の場合は3分おきに板が下の価格へと更新されます。

 

なんか画面に青文字の「特」が並んでいますが、気にしなくていいです(´;ω;`)

 

2020年2月25日は新型コロナウイルスの懸念から、酷いことになっていました。

 

⑥9:05の板

板を見ると、やはり分売価格である2400円を割れてしまっています。

 

f:id:nissi_tousi:20200229172043p:plain

2375円でも売り注文が優勢のため、次の更新である9:06に値が決まるかなと見ることができます。

 

結果的に2353円で板の均衡がとれたので、今回分売が配分されて寄りで成売をした人は4700円の損失ということになりました。

 

今回は残念なパターンを例にとって解説しましたが、立会外分売は利益が得やすい投資法です!

 

そんな立会外分売についてもっと知りたい方は、こちらのページで詳しく紹介しているので参考にしてください。

立会外分売ってなに?初心者向けに解説しました☆

 

また、『にっしーの投資日記』では立会外分売の分析記事に力を入れています!

 

この記事を配信したのが2020年2月29日ですが、3月に行われる立会外分売の記事があるので一緒に分析をして参加スタンスを考えていきましょう!

【立会外分売 分析】4428 シノプス

【立会外分売 分析】3953 大村紙業

 

そして立会外分売に参加できる証券会社は複数ありますが、比較的配分されやすい証券会社に『松井証券』があります(*^^)v

 

皆さんも立会外分売を始めてみてはいかが?☆

インターネットでお得に取引!松井証券

 


素人投資家ランキング