にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

IPO投資が向いている人はこんな人! ②

 IPO投資がどんな人に向いているのか、その第1弾はコチラから☆

IPO投資が向いている人はこんな人!① - にっしーの投資日記

 

それでは今回の記事です。

③スケジュール管理、資金管理ができる人

 IPO投資は、普通の投資と大きく異なる点があります!

 

それは「申込期間」があるということです。ブックビルディング期間ともいいます。

 

通常、株式の売買は注文を出せばその通りに行われますが、IPOはまず抽選に当選しなければ何も始まりません。

 

そしてIPOは月に1件2件ではなく、多いときには20数件も出てくるためスケジュール管理は必須となります。

 

銘柄Aは1日~7日の間にブックビルディングをして、銘柄Bは3日~9日の間、銘柄Cは6日~12日だな・・・と重なってくると本当にパンクします( ゚Д゚)

 

僕はエクセルで銘柄×幹事の表を作って管理をしています!

IPO投資家にとって、スケジュール管理は何よりの必須条件となります。

 

同時に、資金管理も重要な要素になってきます。

スケジュールを完璧に把握したところで、抽選に必要な資金が用意できなければ意味が無くなります。

 

これから3月のIPOラッシュ期となるので「どの証券会社に何円入れておくか」というのは小まめにチェックが必要です。

 

スケジュール管理と資金管理を同時にするのは面倒ではありますが、ここを確実にコツコツとできる人がIPO投資で利益を勝ち取ることができます!

 

賛否はあると思いますが、僕はメインの資金移動手段として「ゆうちょダイレクト」を利用しています。

 

全ての証券会社に対応してますし、僕の主口座であるマネックス証券との相性も良いので(*^-^*)

 

SBI住信銀行や各種証券口座のカードも利用して、スムーズな移動ができるように努めています。

ぜひ参考までに!

④コツコツ継続できる人

IPO投資が向いているかどうかはこれに尽きます!

 

IPOの抽選ですが、まず当たりません。僕は過去に2回利益が出る当選をGETしましたが、今振り返っても奇跡だったと感じています。

 

IPO1社に対して7つの証券会社から申し込んでも、主幹事を30回連続で漏らさず申し込んでも当たらないのが普通です。

 

人の心は弱いもので、複数の口座から申し込んだり枚数が多い時の主幹事に申し込んだりすると「今回は当たるんじゃないか(#^^#)」という希望を抱きます。

 

でも当たりません。笑

 

そして畳みかけるかのようにTwitterやブログでは当選報告の嵐(;^ω^)

 

自分が落選しても1000人単位で当選者はいるので、そりゃ感覚的には当選報告ラッシュになりますよね。

 

いつも自分に言い聞かせていますが、他人の当選回数と比べても何もメリットはありません。

 

投げやりにならず、諦めず、サボらず、忘れずに申込を続けていればいつか自分の元に奇跡がやってきます!

 

当選確率0.01%のIPOでも、申請すれば抽選日に一縷の望みをかけて結果を迎えることができます。

 

ですが、申し込まなければどう転んでも当選確率は0%です。

 

お金のかからない宝くじ、かかるのは作業の手間だけと思えばいいですね(*^^)v

 

僕自身は、毎月が年末ジャンボ宝くじ的なテンションでIPO投資をしています。笑

 

投資にしてもブログにしても楽しみながらやらなきゃ損!

 

この記事を書いたのは2020年2月8日。

来週から怒涛のIPOラッシュが始まるので、取捨選択の判断を上手くしつつ抽選の波に突っ込みます(*^^)v 

 


素人投資家ランキング

スタートアップ投資ガイドブック