にっしーの投資日記

IPOや立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信していきます☆

ヤマダ電機の利回りは13%!?~株主優待が魅力です~

ヤマダ電機には株主優待があり、利回りがとても魅力的です。

まずは主要な情報について紹介します。

 

【株価】 519円(2020年2月28日現在)

【配当】 13円(3月末権利日)

【株主優待 ※100株保有の場合】

①3月末に1000円分の優待割引券

②9月末に2000円分の優待割引券

③(a)1年以上2年未満の継続保有者を対象に、3月末に1500円分の優待割引券

③(b)2年以上継続保有者を対象に、3月末に2000円分の優待割引券

1年以上継続保有者を対象に、9月末に500円分の優待割引券

 

 ヤマダ電機の魅力はなんといっても株主優待にあります!!

 

100株保有していれば①と②を貰うことができ、更に継続保有の期間に応じて③のaかb、そして④も追加で貰えます(*^^)v

 

2年以上保有していれば①+②+③(b)+④=5500円分の優待割引券GETです。

 

この優待券は税込価格1000円以上につき、1000円毎に500円分使用することができます。

 

(例) 800円の買い物⇒ 利用不可

   1000円の買い物⇒ 500円分使用可

   1700円の買い物⇒ 500円分使用可

   2500円の買い物⇒1000円分使用可

 

また、1回の買い物で最大27000円分の優待割引券の使用が可能。

 

2020年2月28日現在の株価は519円ですが、僕は522円で購入しているため522円で利回りを計算してみます(*^-^*)

そして、NISAで買っているので税金はかかりません。

 

1300円(配当)+5500円(優待割引券)=6800円

 

6800円÷52200円=13%

 

なんと、2年以上保有していれば利回りは13%を超えます!!

 

ちなみに、この優待割引券は金券ショップにて500円分につき200円で買い取って貰えました。

 

優待割引券を使い勝手の良い現金に換えた場合

1300円(配当)+2200円(現金)=3500円

 

3500円÷52200円=6.7%

 

そのまま利用せず現金に換えた場合でも、高配当で有名なJTと張り合える利回りとなっています!

 

継続保有のボーナスがない場合でも計算してみます。

 

1300円(配当)+3000円(優待割引券)=4300円

 

4300円÷51900円=8.2%

 

なんと、継続保有ボーナスがなくても利回りは8%超えです!

 

自宅の近くにヤマダ電機がある方は家電のみならず、日用品も気軽に買いに行けるので非常に使い勝手が良いです!

 

この株主優待制度によって株主が長期で保有しているのは明白なので、この株主優待は滅多なことでは無くならないと思われます。

 

このヤマダ電機の株主優待権利日は3月末です。

 

2020年3月27日(金)時点で100株を保有した状態にしておけば、株主優待の権利を得ることができます。

 

3月27日さえ跨いでしまえばいつ売っても優待は貰えますが、上記の説明の通り長期での保有がオススメなので是非検討してみて下さい(*^^)v

 


素人投資家ランキング

株主優待ハンドブック 2019-2020年版 (日経ムック)

新品価格
¥1,210から
(2020/2/8 16:19時点)