にっしーの投資日記

立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信します!

IPOにおける証券会社の特徴やルールのまとめ(野村、ライブスター、松井)

IPOにおける証券会社の特徴やルールについてまとめました!

証券会社にはそれぞれ異なる特徴やルールがあるので、1つ1つしっかり確認して取り組んでいくことが大切になってきます。

 

【野村證券】

こちらも0円でブックビルディングができる証券会社です!

 

個人的に一番の注目点はなんといっても口座数の多さ。

 

大手の証券会社ということもありますし、

①0円ブックビルディング可能

②主幹事数多し

③幹事数多し

というトリプルパンチで抽選倍率は相当高くなっています(´;ω;`)

 

ですが0円でたくさんの宝くじを配布してくれている、サンタさんのような証券会社です。笑

 

僕には爆弾を届けてくれましたがね(# ゚Д゚)

あの某携帯会社です・・・。

 

初のIPO当選だったので、リスクがあるのは何となく分かっていましたが嬉しくて購入。

 

そして公募割れとなった上場日は恐怖で持ち越しをしてしまい、翌日の底値中の底値で投げ売りをしてしまい6万円以上の損失・・・。

 

あの時は絶望でしたね。特に上場日に1463円で寄り付いてからのジェットコースターは本当に死ぬかと思いました。

 

頼むから次は利益の出る当選をお願いします( ;∀;)

 

・0円でブックビルディングが可能

・主幹事数、幹事数共にかなりの実績

・上記2つの理由から、抽選倍率は相当高い

 

【ライブスター証券】

こちらも0円でブックビルディングができる証券会社です!

 

IPOの扱い数はかなり少ないですが、その分口座を開設している人の数も少ないので開設する意義はアリです。

 

資金量に限りがある以上、こうした0円ブックビルディングが出来る証券会社を揃えて少しでも可能性をあげたいところですね!

 

・0円でブックビルディングができる

・IPOの取り扱いは少ないが、ライバルも少ないのでチャンスはある

 

【松井証券】

こちらも0円でブックビルディングができます!

 

頻繁にIPOの幹事になるわけではありませんが、少ないというわけでもありません。

 

幹事になった場合、全体の配分数の70%がネット抽選になるのは嬉しい点です( *´艸`)

 

個人的には開設をオススメする証券会社です☆

 

 ・0円でブックビルディングができる

・抽選配分割合が70%と非常に高い

 

 補足ですが、野村もライブスターも松井も「立会外分売」に申込ができる証券会社となっています!

 

 IPOと立会外分売中心のブログを書いている僕にとって大変貴重な証券会社となっているので、これから投資を始める方も是非ご検討下さい(*^^)v

 

その他の証券会社はこちらから

IPOにおける証券会社の特徴やルールのまとめ(マネックス、SMBC)

IPOにおける証券会社の特徴やルールのまとめ(SBI証券)

IPOにおける証券会社の特徴やルールのまとめ(大和証券)

IPOにおける証券会社の特徴やルールのまとめ(みずほ、東海東京、岡三オンライン)

IPOにおける証券会社の特徴やルールのまとめ(むさし、いちよし、DMM.com、楽天)

 

 


素人投資家ランキング