にっしーの投資日記

IPOや立会外分売を中心に、投資に関する情報を発信していきます☆

【4つの投資法比較 第1部】

久々にしっかり記事を書けます!

 

今回は、低リスクで人気のある

①IPO

②立会外分売

③クロス取引

④高配当銘柄

 

の4つの投資法について様々な観点から比較していきたいと思います!

 

少し長くなるので、いくつかに分けて配信していきます。

 

現在の僕はIPOと立会外分売に95%の力を注いでいますが、皆さんお分かりのように近年はかなり結果が出にくくなっています・・・。

 

そこで、かねてより関心のあったクロス取引と高配当銘柄への投資と上記を合わせた4つを独自の目線で比較していこうと思います☆

 

資金が少なかったり、投資経験が浅かったりする方は参考にして頂ける部分もあるかと思いますので、どうぞ最後までご覧ください!!

 

なお、文章の中では「IPO」「分売」「クロス取引」「高配当」という書き方をしていきますね。

 

 

【期待値】

僕の考えとしては

 

クロス取引>高配当>>分売>>>>>>IPOです。

 

まず、クロス取引は注文ミスさえしなければ確実に利益を生み出せる投資法だと思っています。

 

逆日歩という手数料がかかる可能性のある「制度信用」ではなく、幾分かの手数料を払うだけで良い「一般信用」を使えばそれが可能です。

 

仮に株価1000円で優待が1000円のクオカードだった場合、10万円で1000円相当の優待がゲットできます。

 

買いと売りの手数料を引いても利益は800円ほど残るので、使った資金に対して0.8%くらいはリターンがあります。

 

しかも「確実に」です。

 

投資において「絶対」「100%」はありませんが、クロス取引においてはそれが可能となっています。

 

欠点としては、一般信用売りの在庫が無ければどうしようもないことでしょうか。

 

先月SMBCで何度も検索しましたが、在庫が無くて何もできませんでした・・・。

 

IPOの閑散期である1月こそは是非やってみたいですね。

 

高配当については、基本的に長期保有になるので期待値としては安定しているかなと思います。

 

もちろん、業績悪化による株価暴落や減配の危険性もあるので確実ではありません。

 

倒産の可能性も0%ではありませんし。

 

しかし、高配当と呼ばれる銘柄はおおよそ4~5%の利回りなので、10年保有すれば買値の4割~半分の元が取れる状態になります(NISAの場合は非課税なので)。

 

単純に考えれば、買って寝かせておくだけで勝手にお金が入ってくるので精神的高揚も得られる気がします。笑

 

高配当投資に必要なのは「とにかく早く保有する」ということではないでしょうか。

 

全く分析せずにとりあえず買えという意味ではないです。笑

 

大抵の企業では年に2回配当が得られるので、保有する時期が早ければその分多く配当がもらえます。

 

1回よりも2回、2回よりも・・・というように、貰う回数が多くなれば多くなるほどリターンが得られます。

 

株価の動きや今後の業績予想をくみ取った上で、なるべく早い段階でコツコツと買い増ししていきたいと思っています。

 

資金さえあれば。笑

 

分売は、上記2つに比べたら抽選がある分期待値はかなり下がります。

 

何せ当たらないと何も起きませんからね・・・。

 

分売において、どんな条件だと利益が狙えるのかについてはこちらの記事を見て頂ければと思います☆

 

立会外分売の申込判断(*^^) - にっしーの投資日記

 

ですが、当選した場合はある程度の利益が望めます!

 

僕は分売を始めて4か月ほどですが、1回の当選で1000円~5000円ほどの利益を得られています。

 

4か月で9回当選しているので、大体月に2回は抽選を勝ち抜いている感じです。

 

もちろん、申込ができる証券会社から複数申し込んでの結果なので安定して利益を得るのは少し難しい現状があります。

 

しかし、投資を始めたばかりの人でも利益が得られやすい投資法なので是非取り入れるべきだと思います!

 

 

最後にIPOですが、今回取り上げている4つの投資法の中で圧倒的に期待値が低いです。

 

本当に圧倒的です。

 

SBI証券だけでも85連敗中です。他の証券会社を合わせたら500回以上連続で落選だと思います。

 

それぐらい投資資金に対する期待値は低いIPOですが、万が一当選した時の上昇期待値は断トツで1位なんですよね。笑

 

僕は1度だけ利益になったIPOがあり、それは2400円の株価だったものが5420円になるという初心者にとっては驚きの利益額でした。

 

はい、平成最後の上場IPOと注目を浴びたトビラシステムズのことです。笑

 

あれから7か月半、12月の極一部のD級を除いてほぼ全てBBをしていますが、令和になってから当選が0です。

 

大型のIPOもあったしC級のIPOもたくさんあったのに、1つも当たらないのは流石に残念すぎます・・・。

 

ちなみに、僕は14の証券口座を開設しています。

 

それでもこの当選確率なので、IPOの期待値がどれほどか少しは感じて頂けるかと。

 

これから投資を始める方、始めたばかりの方は是非「期待値」について一度考えてみて、自分にあったものからやってみるのがいいと思います!

 

 

まだまだ続きますが、第1部はここまでです。

 

最後までお読み頂けたら嬉しいです☆

 

第2部もお楽しみに(*^^)v

 

 

 

<!-- admax --


株式初心者ランキング